fc2ブログ
 

新年雑感

新年雑感

門松は 冥土の旅の 一里塚 めでたくもあり めでたくもなし

一休さんが元日に頭蓋骨を杖に引っ掛けて歩きながら詠んだ狂歌として有名です。
まぁまぁ残りの人生が少なくなってくるとこんなことを思ってしまうのですね。よくよく考えてみれば暦というものは人間が考え出したもので、生物学上、正月というものは存在せず、ただ、とある寒い一日ってことなんですね。
つまり、通過点ってコトになりますな。

このトシになるといろいろ宗教めいた考えになったりするワケなんですが、一方、一休さんは無宗教的でありますね。

釈迦といふ いたづらものが 世にいでて おほくの人を まよはするかな
女をば 法の御蔵と 云うぞ実に 釈迦も達磨も ひょいひょいと生む
世の中は 起きて箱して(糞して) 寝て食って 後は死ぬるを 待つばかりなり

なかなか面白いですね。さすがトンチの神様です。

死ぬ間際に弟子たちに残した手紙には、「大丈夫。心配するな、何とかなる」と書いてあったそうです。
あわてないあわてない、ひとやすみひとやすみ。

まぁまぁ、最近のお坊さんの中にも面白いことをされている方が多くいらっしゃるようで、

IMG_6404.jpg

最近、ヨメさんがインスタをフォローしているお寺(萬吉山 浄元寺)さんから送られてきた色紙。
戒律が厳しそうな曹洞宗のお寺なんですが、「キッチンカーケバブ屋」なんて面白そうですな~。

ナンヤカンヤでジタバタしていて、何となく気持ちが内に入ろうとしていて、なんとかそれを打破したいと、相変わらずジタバタしている新年でありまする。

IMG_6402 (2)


あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします



スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
年越し蕎麦ポタ  ←年越し蕎麦ポタ 【2023年01月】の更新記事一覧 →焼鯖寿司  焼鯖寿司
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索