fc2ブログ
 

湖南土木遺産めぐり

湖南土木遺産めぐり

2022/03/20(SUN)

「20日あたりにデモンタ輪行したいなぁ」とつぶやいたところ、[ショコラ]さんから「空いてるよ」と快くお返事をいただきました。じゃぁまぁ、お言葉に甘えて「出来るだけレンガ多目でお願いします」とコース設定をお願いして、各関係者及び「滋賀のランドナー団」にもお声掛けし、突発的輪音RUNと相成りました。


JR大津駅をスタートするや否や、

IMG_4954.jpg

音羽台1号橋。ゴキゲンでねじれている。

つづいて、

IMG_4955.jpg

京阪京津線をまたぐ橋台跡。

でもって、旧逢坂山隧道。

IMG_4956.jpg

黎明期の土木事業の多くは外国人技術者指導の下に行われていたが、このトンネルは日本の技術者のみで施工された。
ゴキゲンに煤けている。

IMG_4958.jpg

三条実美の揮毫による「楽成頼功」の扁額。本来なら「落成」とするところだが、「落成は落盤に通じる」と言って「楽成」の文字を当てたという。

IMG_4957.jpg

走り出して1時間も経っていないのに、いきなりの濃密さで次へ進む。

東海道本線をまたぐ京阪京津線の上閑寺跨線橋。

IMG_4959.jpg

煉瓦製の跨線橋で、装飾的な意匠が素晴らしい。

IMG_4960.jpg

下をくぐっている東海道本線の新逢坂山トンネルもレンガ造り。

IMG_4961.jpg

大津側下り線の扁額は「中正以通」。当時の鉄道院総裁、添田寿一の揮毫。

IMG_4962.jpg

東海道本線周辺を探索した一行は、琵琶湖疎水へと車輪を進める。
第一疎水第一トンネルの伊藤博文の扁額は有名だが、

IMG_4966.jpg

何度も訪れている琵琶湖疎水での新発見。

IMG_4967.jpg

扁額の上に「SAKURO TANABE」の文字。
言わずと知れた、琵琶湖疎水建設の工事責任者、田辺朔朗である。
後日の調査で、
「SAKURO TANABE DR ENG ENGINEER-IN-CHIEF
WORK COMMENCED AUGUST 1885 COMPLETED APRIL 1890」
と書かれていることが判明した。

あと2週間もすれば、疎水沿いの桜が満開になる。

IMG_4968.jpg

江若鉄道の橋台跡をチラ見して、

IMG_4969.jpg

琵琶湖に出る。

小舟入の常夜灯。

IMG_4973.jpg

これと同じ形の常夜灯が対岸の矢橋にある。

IMG_4978.jpg

東海道を往来する人々はこの間は船を利用していたそうだ。しかしながら天候の悪化で欠航することが多く、結局は急ぐのなら瀬田の唐橋を回って行った方が早いというオハナシ。

IMG_4979.jpg

「急がば回れ」の語源になっている。

天気予報では雨の心配はないとのことだったが、雨具が必要なくらいに降ってきて、雨宿りを兼ねてうどん屋に飛び込み、食っている間に晴れ間が出てきた。
急がば回れ、一休み。

さてさて、土木遺産探訪午後の部に突入。

いきなりかいッ!!

IMG_4980.jpg

狼川隧道の愛しのネジネジ。

IMG_4982.jpg

「土木遺産女子」というようなサイトがあって、そこに紹介されていた物件である。
ねじりまんぽで組まれているのは坑口から2~3mでそこからは普通の長手積という、ウワサには聞いていたが初めて見る構造だ。

狼川橋梁
(写真:[タック]さん)

通常は直線的にねじれているが、長手積に連続するところが曲線になっている。
土砂でふさがれていて、もし開通していれば少なくとも2時間は動けなくなってしまうであろう[す]であった…。

ちなみに狼川は天井川で、旧東海道本線はその下をくぐっていた。
んん? どこかで経験したような…。
<天井川+その下をくぐる鉄道>の解を探るべく、何となく匂いというか香りが漂う川沿いを行く。
デジャヴのような…。

なんだか遠い昔に出会ったような風景の場所にたどり着くと、おおおッ!

IMG_4988.jpg

デッ、デ・レーケ先生!!
この風景を思い出させたのは、やはりあなたであったか。

[にも]さんによるとこの胸像は、京都の不動川砂防公園のものと同じものらしい。恐らく同じ型で作られた胸像は3体あって、もう1体は岐阜県の羽根谷だんだん公園にあるという。
[す]の独自調査によると、生誕地オランダに同型と思われる胸像があることが判明した。
[にも]さんは帽子のサイズから推測された模様である。是非、オランダの胸像にも帽子をかぶせて調査してみたいものだ。

デレーケ
(Wikizeroより引用)

オランダ堰堤が微妙にアーチしていているのは、真ん中に水を集めることで両側の岸が洗掘されないように考えられたものだ。

IMG_4990.jpg

副堰堤を眺めながら[ショコラ]さんが用意してくれたコーヒーをいただく。

IMG_4991.jpg

次に行く途中で現代の土木事情をがよくわかる新名神高速道路工事現場。

IMG_4996.jpg

ディビダーク工法で施工されている。ドイツのディビダーク社が開発した工法で橋脚を中心に左右に桁を張り出していく。

で、たどり着いたのは100年以上前に建設され、今でも現役の大戸川発電所。
タービンがグォーンと重低音で響いているので、頑張って発電中なのだろう。

IMG_5002.jpg

「遺産」と「遺構」の違いというのは、現役で頑張ってるか過去のものかの違いだと思う。構造物に限らず、例えば不動産とかの「親の遺産」というのも残された子供たちのために現役で頑張っていたりする。こういう観点からすると時代の新旧は別にして、デ・レーケ堰堤は「遺産」、狼川隧道は「遺構」というのだろう。旧逢坂山隧道は、京都大学地震予知研究センターとして利用されていて現役(?)だから「遺産」ということになるのかなァ。

なんて思いを巡らせつつ…、

IMG_5001.jpg

当時の技術者達の美的感覚に感銘を受けたりする。

吐水口も石造りで、

IMG_5000.jpg

上流の取水口から同じような石積みの導水路が4kmほど続いているという。
いやはや、当時の技術力の高さに感服するばかりである。

仕上げは南郷洗堰。

IMG_5005.jpg

ここのところを、この角材で堰き止めれば、

IMG_5007.jpg

「琵琶湖の水、止めたろか」ってことになる。

オマケは「叶 匠寿庵」の見頃を迎えた梅園で、

IMG_5020.jpg

梅見物。

IMG_5019.jpg

例年より開花が遅くて、

IMG_5022.jpg

会期を延ばしたそうだ。

石山寺門前で留守番のヨメさんに土産を買って、

IMG_5026.jpg

JR石山駅にゴール。

IMG_5027.jpg

基本的な[〇谷]さんのフォーク抜き輪行。

輪行恒例の車内プシューで、

IMG_5028.jpg

お疲れサン。


実はですネ、[ショコラ]さんにお願いしたものの、マンボウ延長とかお天気も微妙だったんでギリギリになっての輪音告知でした。
それにも関わらず、お越しいただいた方、そして何よりもリクエスト通りにリーディングしていただいた[ショコラ]さんに感謝です。
「濃い!」に尽きる一日でした。ありがとうございました。

ちなみに、[ショコラ]さんは大学の2コ先輩で、[〇谷]さんは高校の10コ以上も先輩です。世が世なら恐れ多くて近寄りがたいお二人ですが、幸いにもお二人ともお優しい先輩で自転車仲間なんで、気安くタメ口でお付き合いさせていただいている後輩です。

久しくお会いできた[にも]さんのCOLNAGO BITITANは、

IMG_5003.jpg

ウクライナ工場製だということで、世界平和を願ってやまない今日この頃です。

[ショコラ]さんのRide with GPS







スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
観梅Tweed Ride  ←観梅Tweed Ride 【2022年03月】の更新記事一覧 →桜三昧  桜三昧
 

~ Comment ~

ありがとうございました

お誘い頂き、ありがとうございました。

今回の土木遺産サイクリングは、さすがショコラ先輩のプランニングでしたね。
コッテリして深く、古くて新しい大好物なコースでした。

狼川トンネルなど、まだまだ知らない事が一杯あるんだなぁと思った次第です。

デ・レーケ先生の胸像調査も引き続き行いたいと思います。。
まず、オランダに行って帽子を被せてきます。

にもさん

こちらこそ急なお誘いにも関わらず、お越しいただきありがとうございました。
ショコラさんに「レンガ度多目に」って頼んでいたので、にもさんを誘わずにいられませんでした。久々に少し旧くて少し新しいお話ができて楽しかったですよ。
どうぞお体に気を付けて、また一緒に遊んでやってください。

NoTitle

お疲れ様でした。
ホントに内容の濃い土木遺産&史跡巡りでしたね!!
ディビダーク工法?の事をナンチャラ??工法ってええ加減な事を走りながら言ってたのを思い出し笑いしてしまいました。
にもさんにもホントに久しぶりに会えたし、ヨハニス・デ・レーケ臭?満載の草津川のオランダ堰堤もしかり、大戸川発電所等、お腹いっぱいのこれも久しぶりの輪音臭?が漂うランでした(^^)”
ショコラさんの案内も以前に案内してもらったところも有りましたがコースを変えて違うメンバーで走るとまた新鮮でした!!
琵琶湖周辺はまだまだ良い所有りそうですね!!またよろしくお願いします、お世話になりました
m(_ _)m。

kanbiさん

お疲れ様でした。
写真を選んだり物件のネット検索とかで、ブログアップに半日かかりましたよ。
それでも書き足りないことも多くて、それほどテンコ盛りのサイクリングでした。
ワタクシ的には、初見のレンガばかりだったので、1日中ウキウキしてました。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索