fc2ブログ
 

哀愁のキーソ

哀愁のキーソ

母校N高の食堂のそばメニューが普通と違うちょっと変わったものでした。
どういうふうに変わっているかというと、和風だしに中華麺なんです。
姫路駅の駅そばが同じように和風だしに中華麺なんですね。もしかしたら当時の食堂のオッチャンかオバチャンがこの駅そば屋で修業していたのか、それとも食ってみたところ意外と美味かったのでメニューにしたのかも知れません。卒業して40年以上になるので、本当のところは定かではありません。

きつねそばを「キーソ」、天ぷらそばを「テンソ」と呼んでいたと記憶しています。
「マクド」、「ミスド」でおなじみの略称3文字文化の大阪では、真ん中にアクセントがあります。「キーソ」は「ー」、「テンソ」は「ン」ですね。
厳密にいうと大阪には「きつねそば」というメニューは存在しません。甘辛く炊かれたアゲさんがのっかっている「きつねうどん」のそばバージョンは「たぬき」です。だからお店でも暗黙のうちに「きつね」というとうどん、「たぬき」というとそばが出てきます。
もっとも最近ではややこしくなっているのか、メニューには「きつね」の下に「うどん」、「そば」と書かれていたりするんですけどね。それとともに「たぬき」というメニューは姿を消したような気がします。

そういえば…。
このご時世で西成の安宿目当てのバックパッカーたちはすっかりいなくなりましたが、とある立ち食いウドンのお品書きが商魂逞しきナニワ商人そのものですね。
「Su-Udon」
「Kitsune-Udon」
「Tenpura-Udon」
果たして「Su-Udon」は通用したのでしょうかね。

同じ関西でも京都で「たぬき」というと、刻んだ油揚げに餡が掛かっているうどんです。底冷えのする冬の京都のサイクリングでは、温まるんですよ。大阪ではわざわざ「京風~」と名乗るメニューもあるくらい、京都と大阪って距離的には近いですが文化的には離れていますね。
一方、東京で「たぬき」というと油揚げでなく天かすが入っていますね。一説には天ぷらのタネ抜き、つまり「タ抜き」なんだそうですが、大阪では「はいからうどん」と呼ばれます。
「はいから=high collar」というのは、急速に西洋化されていく明治期の日本で、それまで和服の日本人が洋装の高い襟(high collar)をそういうふうに呼んだことから、「ハイカラ=近代的」ということになったらしいです。でもどうして、うどんまで「はいから」なのか? これは[す]の推測なのですが…。

「おこしやす、なんにしまひょ?」
「さっぶいなぁ~、アツアツの天ぷらうどんたのむわ」
~~~~~~
(天ぷらうどんと…、うわ、タネが切れてるがな、どないしょ~)
~~~~~~
「おっさぁ~ん、早うしてや~」
「へぇへぇ」
~~~~~~
(どないしょう、天かすだけいれといたれ)
~~~~~~
「おまっとぅさん」
「こら、おっさん。これ天かすだけやんけ!」
「今はやりのハイカラうどんて言いまんねん」
「ワイが注文したんは天ぷらうどんや!」
「タネがおません、空でんねん」
「空って、空っぽかいな」
「ハイ、カラでんねん」

多分、難波かどこかの屋台のうどん屋でそういうやり取りがあったんでしょうね。キタの新地あたりではこんなシャレは通用しないと思います。

南大阪方面では「きつねうどん」は「ケツネウロン」。最近ではコテコテバリバリの河内のオッサンでも言わなくなりましたが、以前はR25からR165が分岐する河内国分あたりに「けつねうろん」と大きく書かれたうどん屋があって、寒い日のサイクリングの帰りによく立ち寄ったものです。

あっちゃこっちゃハナシが飛びましたが、結局薬局北極南極中央特許許可局、冷蔵庫の残りもんで作った昼メシの「キーソ」がシミジミとウマかったというお話です。

IMG_4712.jpg













スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

けつねうろんですか。懐かしですね。

しのだと言ってましたね。

かなり昔のことですが。

縦筋さん

コメントありがとうございます。
「恋しくば 尋ねきてみよ 和泉なる信太の森のうらみ葛の葉」ってやつですね。
今気が付いたのですが、京都の「たぬき」が刻んだ油揚げに餡掛けというのは、葛餡なのかもしれませんね。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索