fc2ブログ
 

誕生日

誕生日

本日めでたく誕生日を迎えました。
まぁ、このトシになって「めでたい」ってこともないんですが、とりあえず生きているっちゅうことはオメデタイことです。
[す]にとってこの1年は、踏んだり蹴ったりされたあげく、さらに折ってたたんで裏返されて、「モシカシタラコノヨデイチバンフコウナノデハナイカ」と思えるような1年でありましたなぁ…。

年齢に「数え年」ってのがありますな。
先ず生まれた時に1歳。
十月十日母親の胎内にいて、それに至るとーちゃんとかーちゃんの営みの期間を加えると「ほぼ1年」と言うワケで、まぁ、「生まれた時に1歳」というのは頷けるハナシですな。
で、初めて正月を迎えると1つ年を取って2歳ってことになります。
これが「数え年」の勘定の仕方です。
12月31日生まれの子供は翌日には2歳になる。もっというと12月31日午後11時59分に生まれた子供は1分後には2歳という荒業。
ちゅうことは、1月1日生まれた子供は生まれたとたんに2歳っちゅう勘定になるんかいな。
一度、その辺りに詳しいお寺のお坊さんにでも確認してみたいものですな。

さてさて、この「数え年」によると1961年生まれの[す]は今年は60才ってコトで、厄年ではないか!
七五三なんかもそうなんですが、こういう風習は数え年で数えるそうです。
「だから、折ってたたんで裏返されたのか」と妙に納得してみたりするんですな。
駄菓子菓子、年が明けて晴れて満年齢で還暦にとなった暁には厄が明けるワケで、「新しく幸せな未来は、すぐそこまでやってきている」と明日から生きて行こうと固くココロに誓うのあります。

画像は若い頃旅した北海道で手に入れた硬券です。
愛国から幸福というのはブームを呼びましたが、銭函駅の入場券は知る人ぞ知るものらしいです。
[す]の銭函は年がら年中スッカラカンですが、

IMG_3151.jpg

生きてるだけでまるもうけ。
明石家さんまさんの座右の銘として知られていますね。でも実は禅の教えらしくて、「今、現に生きていることこそ全てだ。それ以外に何を求めるのだ。」ということらしいのです。禅の教えというのは本当に単純明快ですな。

さぁ、来年の誕生日にはどんなことをホザいているのやら。
それを楽しみに生きて行くことにしましょう。
合掌
スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

お誕生日おめでとうございます。
来年はいよいよ還暦ですか?
この歳になると一年が早く感じるのは私だけでしょうか??(笑)


またコロナ第三波とか?お互い注意して(蜜は避ける)乗り切りましょう!!
くれぐれもご自愛くださいませ。

kanbiさん

ありがとうございます。
来年まで待たなくても、既に孫もいるので立派なオジイサンです。

一体コロナはいつおさまるんでしょうかね~。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索