fc2ブログ
 

ちょこっと出雲

ちょこっと出雲

10月21日から28日にかけて出雲出張でした。
当地には数年前から年に1、2度訪れていて、前回は3月で今ほど新型コロナに対して厳しくなかったのですが、今回は厳戒態勢で、現場の事業所には2週間前からの体温、体調管理表を提出。加えて作業当日の体温と体調、行動履歴を報告する書類を提出しなければなりません。宿泊先のホテルでもチェックイン時に体温測定。朝食はビュッフェスタイルで体温測定のあとビニール手袋装着でお惣菜を取っていきます。
もちろんマスクは欠かせません。

出張先の楽しみと言えば、晩飯に居酒屋でご当地のウマイモンをいただくことなんですが、昨今はコロナのおかげでそれもままならず、部屋メシになるワケですね。

IMG_2919.jpg

コンビニ弁当よりマシだろうとホテルから注文できる居酒屋弁当を注文しましたが、やっぱりワンコインだけあって…。

当然、お酒も部屋呑みになるワケで、

IMG_2920.jpg

持参した安モンの焼酎は5日目に尽き、急遽追加。

このホテルでは「お夜食ラーメン」というのがあって、宿泊者には無料で提供される。味噌と醤油から選べます。

IMG_2911.jpg

無料だからアレコレ言いません。でも、そこそこ美味しい。

というふうに旅先の日常(食生活)に関しては、やや不満があるものでしたが、仕事は余裕がある工程で、今までちょいと気になっていたところを探索してみました。

現場にはヤマタノオロチ伝説がある斐伊川を渡って行きます。

IMG_2922.jpg

この川の上流は幾筋もの支流が集まり、たびたび洪水を起こしていました。それがヤマタノオロチ伝説になったらしいです。この日は晴れていましたが、朝霧が立ち込める風景は神話時代をほうふつとさせます。

現場近くの細長くて広大な空地。

IMG_2929.jpg

国有地のようで、数年前からこの地に来ていますが、当時からなんだろナ~と不思議に思っていたら、

IMG_2928.jpg

ということで、一部は売却されていますが、半分以上は滑走路のコンクリートが残ったままです。

斐伊川にかかる沈下橋も気になった物件。

IMG_2933.jpg

出雲平野では、よくこんな風景が見られます。

IMG_2937.jpg

これは「築地松」と呼ばれる屋敷林で、家の周囲を囲むように木が植えられて防風林の役目があるらしい。家の格式によって、木の種類や植え方、刈込に差があるそうです。

仕上げは道路元標2件。
久木村道路元標。

IMG_2934.jpg

伊波野村道路元標。

IMG_2939.jpg

この物件はしばらく続きそうで今回のように余裕がある工程では、自転車を積んでいって大社線の廃線跡をたどってみようかと企んでいます。














スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索