fc2ブログ
 

ご近所路地裏ポタ

ご近所路地裏ポタ

2020/02/24(MON)

なんだかんだとネットを見ていると、ちょいと気になる建物が目に留まりました。「おッ、ここやったら近いし、今度の休みにでも行ってみよう。ついでにこれとこれを回ったら半日の散走コースになるやんけ」っちゅうことで、急遽、企画を立ち上げてFacebook限定の超裏輪音と相成りました。

はるばる京都からドタ参された方もあって、総勢5名のまったりとした人数で河内松原駅から中高野街道を北上して、先ずは屯倉神社。

IMG_2337.jpg

「屯倉(みやけ)」とは、古墳時代の天皇家の領地を示す。
松原市は難波大道をはじめとして、大津道(長尾街道)、丹比道(竹内街道)という古道中の古道が通る、由緒正しき土地なのだ。

そんな由緒正しい土地には切支丹灯篭だってある。
熱田神社。

IMG_2340.jpg

脚の外観は十字架をかたどっていて、彫られているのはマリア像だという。
隠れキリシタンがいたかどうかはわからない。

中高野街道を南下して阿保神社。
天井絵には植物が描かれていて、「花天井」と呼ばれている。

IMG_2341.jpg

「阿保」は「アホ」ではなく、「アオ」や「アボ」と読まれる。
平城天皇の第一皇子、阿保(アボ)親王がこの地の干害において「親王池」を造ったってお話。

やはりネット検索で気になったものを探してみる。
元々古い土地だけに路地に入り込むとたちまち迷宮入りになる。そこら辺を散歩してるオッチャンやオバチャンに訊ねてみたりする。
「あ~、そこやったらオジサンのツレのトコや。アンタ、一番エエ人に訊いたな」とわざわざ道案内までしてくれたが、目的の物件は見つからない。「ほんなら、店の方に行ってみ」と場所を教えていただいた。松原市民は優しいのだ。

その道中で気になる石碑。

IMG_2342.jpg

案内板には阿保親王とその子、在原業平が住んでたとある。
すごいぞ! 松原市!!

で、再び中高野街道に出たところで、

IMG_2344.jpg

豆腐の自動販売機。
残念ながらお店はお休みで、商品は補充されていなかった。

そのまま中高野街道を南下。
長尾街道の交差点で信号待ちしていると、「見つかったかァ~?」と、さっき道案内してくれた方が声を掛けて下さった。
いやぁ~、あなたは松原市民の鑑です。

竹内街道との交差点でウンチクをタレていると、

IMG_2345.jpg

コミュニティーセンターの庭を手入れしているオジサンが竹内街道のパンフレットを持って、「あぁ、そこやったら」と地図まで書いてくれて…(松原市民って、ホンマにあったかいな~)、

img011 (2)

やってきたのが、王仁(ワニ)の聖堂址。

IMG_2346.jpg

王仁氏は、応神天皇時代に渡来した人物で、ともに渡来した辰孫王は、藤井寺ゆかりの葛井氏と関りがあるとか…。
まぁまぁ、古代日本史にはあんまり興味がないから詳しくは知らない。

っちゅうことで、加島サドル製作所。

IMG_2348.jpg

国内で唯一の自転車サドルメーカーだ。
FIVEGOLDは創業者の加島金吾氏に由来するという。

またまた中高野街道に出て南下。
旧前田工業美原工場。

IMG_2349.jpg

カシマとかサンツアーとか、中野浩一氏関連であるね。

本来の目的地に近づいてきたが、詳しい場所がわからない。
それらしい匂いに誘われてきたのが、

IMG_2350.jpg

やっぱり、レンガだったりして…。
漆喰が落ちた土塀と奥の土蔵が重厚だ。

現在の堺市美原区は、かつて「河内鋳物師」が活躍していた古い地域だ。だから、旧村の路地裏はまさにlabyrinth!!
旧いものは古い人物に訊ねるべきで、オジジに訊ねてみる。「そこやったらコッチからアッチ行ったとこや」ということで…。

IMG_2351.jpg

旧黒山郵便局。
明治30年築というが、昭和55年くらいまでは運営されていたようだ。
当時の郵便局は地元の信頼できる有力者に依頼されていたようで、この邸宅も立派なものである。

IMG_2355.jpg

IMG_2357.jpg

エエ感じの路地。

歪みのあるガラスはオリジナルと思われる。

IMG_2354.jpg

お向いさんもかなりの旧家で、

IMG_2352.jpg

鏝絵もエエ感じ。

IMG_2353.jpg

昼メシは「うかたま」さんで。
片田舎(笑)の小さなカフェなんだけど、ご近所のセレブママさんたちでにぎわっている。
本日のAランチ、ガーリックバターチキンソテー。

IMG_2359.jpg

自宅から徒歩で10分、自転車で5分あたりの路地。長尾街道の脇道だ。

s-RIMG4906[1]
(I田さんより拝借)

仕上げは大塚山古墳。

IMG_2360.jpg

国内5番目の規模を誇り、とりあえず宮内庁管理であるが誰の陵かわからないとか明治期には人が住んでいたとかで、百舌鳥古市古墳群に仲間入りできなかった。

河内松原駅でゴール、お疲れサ~ン。


いやはや、超個人的路地裏探索にお付き合いいただいた皆様、ありがとうございました。
[す]は当地に転居して人生の半分以上を過ごしているのですが、まだまだ知らないところは多いですね。
久々の路地裏labyrinthでした。


































スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

松原も奥が深いですね~
阿保、私はずっと あほ やと思ってました。
新年の七福神巡りで書初めする神社はどこやったかなあ?
そうか、大塚山古墳は世界遺産仲間に入れなかったのか・・・
走門来福、勉強になります。

MOMOさん

元々「あほ」と書いて「あぼ」とか「あお」とか発音したらしいです。
書初めするのは七福神でなくて六社参りの阿保神社ですね。
お向いのお風呂屋さんは休業中でした。
ウチの向いの神社はもとは古墳で(周濠が残ってる)、南北朝時代は砦となったそうです。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索