fc2ブログ
 

琵琶湖疎水歴史探訪RUN

琵琶湖疎水歴史探訪RUN

2019/11/17(SUN)

輪音RUNです。
昨年、kottaman師匠にレストアしていただいたランドナーの初輪行です。

IMG_2045.jpg


さてさて今回は気候が良くて各方面のイベントが重なり、総勢7名というアットホームな人数で定刻に大津駅をスタート。
…したものの、いきなりパンクの神様が後輪に降臨。

IMG_2046.jpg

お約束は旧東海道に建つ大津市道路元標。

IMG_2047.jpg

第一疎水取水口から琵琶湖疎水をたどる。

IMG_2048.jpg

琵琶湖疎水には建設当時3本のトンネルがあり、トンネルには明治の元勲が揮毫した扁額がかかる。
第一トンネル上流側は、初代内閣総理大臣、伊藤博文によるものだ。

IMG_2050.jpg

小関ピークの脇道を行くと、第一竪坑。

IMG_2052.jpg

過去何度か訪れているが、紅葉の時期は初めてだ。

IMG_2055.jpg

IMG_2057.jpg

第二トンネル上流側。
揮毫は鹿鳴館を建設した井上薫。

IMG_2060.jpg

ここからちょいと寄り道する途中で、見つけたのは…。

IMG_2062.jpg

古めかしい洋館のようだがブロック積やし…、と思ったらなんと登録有形文化財だった。
全くノーマークだったので帰宅後、検索してみた。
https://www.kyotoliving.co.jp/article/130601/last/c/index.html
使用されているブロックは通称「鎮ブロック」と呼ばれる中島鎮が考案した鉄筋コンクリートブロックで、東心斎橋の島之内教会と同じだ。

寄り道の目的はコチラ。

IMG_2063.jpg

疎水建設にあたり資材調達が困難で、煉瓦工場まで作っちゃったってお話。

関西で製造されるレンガの特徴が、平の面に見られる縦スジ。

IMG_2064.jpg

「型枠の底部と一方の側面に板状の粘土を入れ、それから残りの部分に粘土を詰めていくので、このような縦スジができるのだそうだ。」と教祖も知らない事実を語るのは[D居]さん
もっぱら教祖は刻印らしきものが気になるが…。

IMG_2065.jpg

再び疎水へ戻り、第二トンネル下流側。揮毫は西郷隆盛の弟、西郷従道。
疎水トンネルの扁額は、上流側は陰刻で下流側は陽刻になっている。なんとなく関係していると思われるのは、飛鳥川の綱掛神事。上流側の栢森には女性器(女綱)、下流側の稲渕には男性器(男綱)をかたどった綱が掛けられる。子孫繁栄と五穀豊穣を祈願し、加えて魔除けの意味もあるそうだが、近代化に邁進した当時の日本でもこんな迷信めいたものが信じられていたのなら、ニッポンの良い時代だったんだと思う。

IMG_2067.jpg

当時の土木構造物には構造力学的だけでなく、美的センスが感じられる。現在の無機質なコンクリ構造には魅力を感じない。

第三トンネルの上流側には、

IMG_2068.jpg

日本最古の鉄筋コンクリート橋。

IMG_2070.jpg

三条通りは旧東海道。
荷車を引いた車石が擁壁に使われている。

IMG_2072.jpg

蹴上インクラインで、

IMG_2076.jpg

疎水なヒトビト。

IMG_2078.jpg

レールを枕木に固定する際に使用する犬釘は、現在は頭部が丸いが当時は犬の頭の形だった。だから「犬釘」。

IMG_2077.jpg

レールをおさえている部分が鼻、引き抜く時にバールを引っ掛ける部分が耳に見える。

ご機嫌のネジネジから、

IMG_2080.jpg

微妙な角度で駐輪した、

IMG_2092.jpg

南禅寺は観光客がごった返し。

IMG_2081.jpg

水路閣。

IMG_2084.jpg

おおッ、覆輪目地(正確には山目地という)。

IMG_2085.jpg

現役稼働の夷川発電所。

IMG_2094.jpg

平地とは思えない勢いだ。

IMG_2097.jpg

後は木屋町通りから京都駅。
無事、車窓のヒトとなる。


お疲れサンでした。
扁額に関する詳細は過去のブログで紹介しています。
https://sumidanna1116.blog.fc2.com/blog-entry-181.html



























スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

ケルビム初輪行おめでとうございます。
珍しく蓋を開ければなんとやらではなかったのですね(^^)"

道路元標&煉瓦は外せませんね((^ ^)、
お疲れ様でした。

kanbiさん

ご機嫌でコロコロできるかと思いきや不安定で、オマケに輪行袋が少し小さいようで、まくれあがってしまうんです。

事前調査で道路元標と煉瓦工場跡は確認済みでしたが、栗原邸はノーチェックでした。レトロ建築でも、やっぱりレンガでないと匂いがわかりません~(笑)

なつかしい~

あっ、これ覚えてる! という写真がいくつもあって、なつかしかったです。
いいコースですねえ。 先日、電車であった輪行袋を持った女子大生も、大津で降りて、そこから京都に行くと言ってましたよ。阪大のサイクリング部ですって。 スミだんなさんしか知らないコースと思ってたのに。

MOMOさん

なつかしいでしょ。
もしかしたら紅葉の時期に訪れたのは初めてかも知れません。

この日も何人かのサイクリストを見かけました。山科あたりはゆったりと散走するのにちょうどよいみたいです。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索