fc2ブログ
 

大阪レトロ建築巡り

大阪レトロ建築巡り

2019/06/01(SAT)

アベノバポタです。ガイドは毎度おなじみのタクリーノ[U阪]さん。
またレトロ建築巡りかと言われる諸兄もおられると思いますが、以前、バー・タクリーノ時代に[U阪]さんが企画されたのが始まりなんですね。当時、レトロ建築に興味を持ち始めていた[す]はこの企画に参加して以来、レトロ建築のとりこになってしまい、やがては煉瓦にのめりこんでいくのであります。言ってみれば[U阪]さんの「レトロ建築巡り」は、[す]が煉瓦好きになった原点ともいえるポタリングなのですよ。


南海電鉄玉出変電所(明治44年)。
バー・タクリーノがこの近くにあったことから[U阪]さんがレトロ建築巡りを思いついた建物。

IMG_1620.jpg

紀州街道を少し北上して、いきなりの寄り道。
天下茶屋の地名の由来となった茶屋のあとだが、住所は岸里東。

IMG_1621.jpg

現在の天下茶屋に入ると梅谷歯科醫院(大正13年)。
このころの個人宅は外観は洋風だが、内装は純和風というのが多いらしい。

IMG_1623.jpg

コアな路地のような道をウネウネ行って、オモロな寄り道。
占い師さんのお宅。人相占いが専門らしくて、歴史上の人物から各界の著名人の似顔絵に、それぞれの評価のようなものが記されている。例えば聖徳太子(風)=叡智、伊藤博文(風)=政治、相撲取り(風)=殺人、等々。

IMG_1624.jpg

オモロな寄り道が続く。
てんのじ村記念碑。
かつてこの辺りには、寄席芸人や喜劇役者が多く住んでいた。上方芸能発祥之地とされている。

IMG_1627.jpg

その隣には、以前から気になっていた旅館「明楽」。もしかしたら戦前の建物かも知れない。

IMG_1628.jpg

寄り道が多くてなかなか本題には入らない。もしかしたら[す]も影響を受けているかもしれない[U阪]式ポタリング。

通天閣を回り込んで日本橋の裏通りにある大阪名物。

IMG_1630.jpg

明治21年、この辺りに「眺望閣」という5階建て(高さ31m)のタワーができ大変賑わった。それにあやかって「五階百貨店」と名付けられたとか。「百貨店」というのも当時の流行語だったらしい。

いよいよ本題に入り、高島屋東別館(昭和12年)から旧住友邸ビリヤード場(明治12年)、堺筋倶楽部(昭和6年)と見て回り、農林会館(昭和5年)。
各階のエレベーターホールには時計があるのだが、

IMG_1640.jpg

それぞれに独立したものでなく、1階の親時計(向って右側の振り子時計)から30秒に1度、子時計(向って左側の丸いヤツ)に有線でパルスを送って同調させているそうだ。

原田産業(昭和3年)、綿業会館(昭和6年)から青山ビル(大正10年)。
オーナーさんが直々に案内してくださった。

IMG_1648.jpg

かつて花登筺や大村崑が事務所を構えていた。「どてらい男」や「細腕繁盛記」は、この部屋で書かれた。
天井の漆喰細工が素晴らしい。

IMG_1649.jpg

「アパッチ野球軍」の原作、脚本も花登筺なんだって初めて知った。

各部屋に引かれている内線電話の端子や、

IMG_1650.jpg

コイルバネのドアクローザ―は、当時のオリジナル。

IMG_1652.jpg

昼食は芝川ビル(昭和2年)の地下倉庫だったベトナム料理店「RIVE GAUCHE」。

IMG_1658.jpg

[す]が参加したアベノバポタでは麺率100%。特に[U阪]さんが狙っているわけでもないらしい。

食後はビル内を探索。
伝声管を発見。

IMG_1663.jpg

通じるかどうか試してみる、アベノバ[A部]さん。

IMG_1664.jpg

「おおッ、ちゃんと聞こえるで!」

小川香料(昭和5年)を経て船場ビル(大正14年)。
土曜日休館ということだったが、運よく入ることができて、恒例のローアングル。

IMG_1668.jpg

そのあとはゲップが出るようなレトロ建築巡り。
大阪ガスビル(昭和8年)から寄り道。

まずは[す]的に。
北野家住宅(昭和3年)。焼夷弾の直撃を受けるが不発弾だったため、奇跡的に残っている。

IMG_1685.jpg

続いて同行者からも。
大阪市内最古の和菓子屋「高岡福信」。創業は寛永元年。

IMG_1686.jpg

その後もレトロ建築巡りは続き…。

帰途、前回中止になった戦争遺跡巡りの生玉公園地下壕をリクエストしてみる。

IMG_1695.jpg

地下壕は無筋コンクリートアーチだというから、当時のものとは思えないが刻印煉瓦?

IMG_1694.jpg

ついでのオマケに天王寺七坂なんぞも巡っておしまい。

IMG_1698.jpg

お疲れサンでした。


何度となく走ってる大阪レトロ建築ですが、毎回、何かしらの新発見があるのですね。
今回は芝川ビルの伝声管だったり…。「どてらい男」が青山ビルの一室で書かれていたとか、農林会館の親子時計なんて教えてもらうまで知りませんでした。
奥深きかなレトロ建築です。




スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

ご無沙汰です。

ナイス!しときます。

kanbiさん

ありがとサン~(^^)♪

細かいとこ、見てるなぁ~

あの、『ひく』以来、細かい金物とか見るようになりましたね。

今回は、豪華な家具 明るい洋室、気楽できれいな日本間のキャッチに食い付きました。

にもさん

オイラも旧字体の「氣」に食い付きました。
バックパッカー相手の安宿にリノベーションすれば流行ると思うんですが…。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索