fc2ブログ
 

茶吉庵

茶吉庵

旧東高野街道(現R170)、恩智の小さなピークにある茶吉庵に行ってきました。



自転車でよく通る界隈で、以前から「旧そうな家やなぁ」と思っていました。
河内木綿を取り扱っていた築250年の旧家がリノベ―ションされて、昨年6月にギャラリー、イベントスペースとしてオープンされたそうです。

で、ここで木の器を作っておられる方と、ひょんなことからお知り合いになって、それをヨメさんに話すと「行きたい!」ってことで…。



運よく工房主さんとお会いすることができました。

蔵を改装した小さな工房で木くずまみれになりながら、



旋盤を回して器を作っておられる。





旧い米蔵や木綿蔵は工房やアトリエと姿を変えているそうで、



こういうのはハマってしまうなぁ~。



「こちらは写真家さんが使われています」
「ほうほう」
「自然光で写真を撮られています」
「ほうほう」
なんて工房主さんとお話をしていたら、
「コレコレ!」
とヨメさんが目ざとく何かを見つけたようです。
「あ~、これ失敗作なんですよ」
「どこが?」
「乾燥具合が足らなかったのか、ひずみが出てきて…」
「木の器って生きてるんですよね」
「そうですね。『使いながら育てていく』というのが、木の器なんですネ」
なんとも、奥深いお話です。
っちゅうことで、これを修正していただくことになりました。完成するのが楽しみです。

同じく茶吉庵の厩を改装したのちに郵便局となった「ゆくるカフェ」でお昼をいただきました。



「ゆくる」とは沖縄方言で「ゆっくりする」とか「くつろぐ」という意味だそうです。
<す>のイメージなんですが、南国って時間がゆっくり流れている感覚なんですネ。確かにここにも静かなBGMとともに、ゆっくりとした時間が流れていました。

小笠原で拾ってきたというサンゴの箸置き。



河内木綿を紡ぐときに使われたボビンを再利用した照明がオシャレです。



「ホカニナニカアルカモシレナイ」と精査してみます。





えへへ~、ビンゴ!



やっぱり、レンガ…。

食後の腹ごなしに、付近を散策してみました。



少し山手に行くと、恩智城址。
楠公八臣の一人として数えられた恩智左近満一の築城と伝えられています。

でも、やっぱりレンガ…。



後に恩智小学校となった時の校門だそうです。


いやはや、茶吉庵には今年の走り初めで訪れるつもりだったんですが、ヨメさんの指令には逆らえません~(笑)
でも、運よく工房主さんとお会いできたことや、ヨメさんに気に入ってもらったことでメデタシメデタシでした。









スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索