fc2ブログ
 

地球探索ポタ

地球探索ポタ

2018/11/17(SAT)

裏輪音です。
今回は自転車仲間の<S口>さんからの情報で、大阪府と奈良県の境界にある亀の瀬の地すべり見学ツアーに行ってきました。
このツアーは以前からあって、当時は完全予約制でしたが最近では自由参加で施設が見学できるようになりました。


集合場所にて…。
「ペペッ、ペダルが~!!」



とりあえず、この方はペダルを求める旅に立っていった。

さてさて、一行は亀の瀬を目指す。
大阪から奈良へと向かう折に大和川を遡ると必ず亀の瀬を通過する。かなり以前から土木工事をやっているが、何をどうしているのかわからない。
集合場所の柏原市役所前からほんの30分ほどのサイクリング。



受付を済ませ、先ずは「地すべり資料館」で亀の瀬地すべりの歴史とそのメカニズムと対策をお勉強。



予約すればガイドさんによる説明があるが、ここは土木工学を専攻し卒論が土質工学、オマケに1級土木施工管理技士でレンガ教教祖という<す>がガイドを務める。

「二上山の火山活動とその後の地殻変動で…、安息角、内部摩擦角がどうしたこうした…、地下水、最適含水比サノヨイヨイ、円弧すべりがハァ~コリャコリャ…。」

地すべりの対策工事としては排土工、土留め工、排水工が有効で、排土工以外は地下構造物となるので「何をどうしているのかわからない」状態になるのだね。

1号排水トンネルに突入。



集水管。
降雨後は蛇口をひねったように水が流れ落ちるそうだ。



1号排水トンネルは対策工事として一番最初に施工され(昭和44年)、当時は鋼製だったがその後、コンクリートで作りなおされている。
昭和46年に追加施工された鋼製トンネルが施工当時をしのばせる。



集水井を下から見上げる。
サンダーバード1号が発射されそうで、秘密基地っぽい。



地下水を抜き取るための集水管は延べ153kmに及び、集められた地下水は54基の集水井や7本(延べ7.2km)の排水トンネルに流れ込む。

15号集水井。



見学ツアーは佳境に突入する。



「裏輪音」だというのに総勢13名の怪しい地球探検隊。



厳重な人数確認の元、懐中電灯がないと真っ暗な5号排水トンネルへ。



集水管からは石灰化のつららが下がる。
もしかしたら100万年後くらいには鍾乳洞が出来上がるかも知れない。



そして、クライマックス。



昭和6年から7年にかけて大規模な地すべりが発生し、そのために鉄道トンネルが破壊された。



旧大阪鉄道(関西鉄道~国鉄~JR)によって建設された亀瀬隧道(明治22年)は、昭和7年1月に下り線、2月に上り線が不通になる。
同年7月1日に大和川左岸への迂回新線が着工され、半年後の12月31日に完成される。三郷駅~河内堅上駅間には2つの鉄橋と3つのトンネルがあることから、とんでもない突貫工事であったことが想像できる。

完全破壊と思われたこのトンネルが、平成20年の7号排水トンネルの施工によって発見された。



天井部分が煤けているのは、蒸気機関車が通っていた証である。

一つ気になっていたのがレンガアーチトンネルの裏込めについて。
現在のようなトンネルでは、例えばシールド工法においては、覆工されたセグメントの小さな穴からモルタルを注入し、掘削した地山と密着させて崩壊を防ぐ。このモルタルを「裏込め」という。
しかしレンガ積みの場合は支保工を組んで覆工されるので、その後にモルタル注入はできない。
で、ガイドさんに質問してみた。
「アーチは独立単体構造物となっているので、裏込めはしません。」とのこと。地山が崩壊してもアーチが支えるのだそうだ。
なるほど確かに4層巻の外側は地山がむき出しだ。



刻印煉瓦もある。



製造メーカーではなく、ロットナンバーのようなもの。



癒しのひととき。



あぁ、このまま埋もれていたい…。
フワフワした足取りでトンネルを出て、約2時間の見学ツアーを終える。

そうだった、サイクリングだったよね。



言い訳のように、それらしい写真も載せておこう。



はるばる京都から来ていただいた方もおられたが、走行距離12km足らず。最短は最寄駅へ輪行した方で1.8km。
まぁ「裏輪音」ということで…。


普段は通過点の亀の瀬ですが、見えないところにとんでもないものがありました。
R25を走っていると亀の瀬あたりに不自然な隆起があります。これは昭和7年の大規模地すべりで生じたもので、右岸の亀の瀬から大和川を越えるすべり面の下端部になるそうです。そんなことも今回のポタを通じて知ることができました。






スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

素晴らしいレポートをありがとうございます。
目の付け所がエクセレント。勉強になります。
  • #2607 京都の自転車愛好家 
  • URL 
  • 2018.11/18 08:09 
  • このコメントを編集する  ▲EntryTop 

No title

これ、すごく気になるポイントで、でも中になかなか入れず諦めていました‥‥
このblogで少し謎がとけました!

またふんどし街道や亀の瀬ポタもよろしくお願いいたします(*´∇`)

No title

昨日はお疲れ様でした。

トンネルの中に入って見たかったので感激です。今回の<す>さんは自分の興味が先で何時もの講釈も少なく、煉瓦教の宗徒と化していました。たくさん走って疲れました。M田

No title

お疲れ様でした。
今日のシクロジャンブルで久しぶりに轍のO.chouさんとお会いして話してたのですが、このツアーめちゃくちゃ行きたかったと言うてはりました!仕事だったらしく、
結構土曜日は仕事でこの裏輪音に参加出来ない方が多かったみたいですね!
でもこんな皆さんが来てたら大所帯間違い無しでしたね(^^)!?

このツアーは行かないと言えませんが、いかなかったら、絶対後悔すると思います。
それほど楽しかったです!!
<す>さんが、中々トンネルから出てこなかったのであの亀の瀬隧道に頬ずりしてのんちゃうか?と皆で噂してましたぁ(笑)!
じかん走った距離共に短かったですが中身の濃~い地球探検でした!お世話になりました、ありがとうございました。

No title

> 京都の自転車愛好家さん

自己満足的ポタにはるばるお越しいただき、ありがとうございました。
皆さんより舞い上がっていたオイラでありました。

No title

> よっしぃさん

年に数回ツアーがあるそうですが、すべての施設に入れるのはこの日だけだそうです。
機会があれば行ってみてください。

No title

> nma*d*10*さん

お疲れ様でした~(笑)
裏込めの件、代わりに質問させていただきました。
納得いただけましたでしょうか?
亀瀬隧道はオイラも感激で、レンガ修業時代(?)の初心に帰ることができました。

No title

> kanbiさん

FBでイベントアップした時にO.Chouさんもおっしゃってましたよ。

亀瀬隧道から出るときには、全ストレスから解放された心地で、足元がフワフワしてましたよ。

No title

ついでにスランプダンジョンからの生還とんねる
みつけたなり

<s口>

No title

> VERDONさん

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索