fc2ブログ
 

高貴寺に集う会

高貴寺に集う会

偶数月(8月を除く)第3日曜日は高貴寺に集う会です。

このところスランプなんですね。
モチベーションが上がらない。つまりヤル気が出ないってことなんですネ。
仕事が忙しい上にうまく進まないとか、体のアッチコッチが痛いとかというのはよくあることなんですが、なんだか原因がわかりません。
<す>の場合、誕生日が近くなると現れる症状なんで、ヨメさんによると「そういうもんや」ということらしいです。
何が「そういうもん」なのかと考えると夜も眠れなくなることもあって、しばらくもがいた後、これは「地下鉄はどこから入れたのか」という問題より重大ではないのだという結論に達し、ようやく眠くなるという始末。

今回の作業は昨年に続き、生活用水の水源となっている龍池の池さらいで、得意技ともいえる土木作業です。
日頃お目にかからない方々との作業は、日常とは違う、また同好のサイクリングの集まりとも違って新鮮なものなんですね。
おかげでスランプ脱出の糸口になりそうです。

で、庫裡でお昼をいただいていると、
「ほら、こっちこっち」
「???」



「アサギマダラが来てますよ」
「アサギマダラ?」
「旅をするチョウなんですよ」
「まさか警察署から逃亡して日本一周してるとか?」



少し調べてみました。
生物の名前というのはわりと単純で見た目からつけられることが多い。
「アサギ=浅葱」で薄い青緑色を表すそうだ。「マダラ=斑」で確かに頭部に斑点が見られる。薄い青緑色で斑点があるから「アサギマダラ」。

「どこへ旅してるんですか?」
「2000㎞くらい飛ぶそうですよ」
「なんで?」
「なかなか謎なところがあるみたいです」
「黙秘権やな」

帰宅後、写真を精査していたら、



最初は羽根の模様かと思ったら、文字が書いてある!
長年にわたりマーキング調査が行われているそうで、この個体は9/28に六甲で確認されたと推測されます。
調査しようがしまいが、今までもこれから先もアサギマダラは自分の旅を続けるんだな。

つくづく考えてみると、こうした野生の生き物に比べて人間なんて生き物はどうしようもないワケで、単純なものをわざわざ複雑にしているような気がしてならないのですネ。

もっと素直にならんとアカンなと思いつつ、せっせと池の泥をかき出す<す>でありました。










スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
ポタ  ←ポタ 【2018年10月】の更新記事一覧 →渡船ポタリング  渡船ポタリング
 

~ Comment ~

No title

すみだんなにスランプなんてあったんですね!?枝雀さんも緊張と緩和ってよく言ってたけど、緩和の時期なんですかね?まぁ、深く考えず、いきましょう!

No title

「お~い、ちょっとハシとってんか」
「ハシ? そんな大きなもん持って来れんがな」
「ハシとちゃう、ハシや」
「せやからハシやろ どこにあんねん?」
「そこや それ真ん中」
「真ん中? ハシとちゃうんけ」
「真ん中でもハシや」
「せやけど真ん中て」
………
「ナイショやけど、年頃の娘さんに言うたらアカンで」
「なんでやねん?」
「転げただけで笑いよる」

枝雀落語を真似てみました~(^^)
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索