fc2ブログ
 

堺散走

堺散走

2018/05/06(SUN)

今回は「へろへろ自転車部」の皆さんと一緒です。


当初は浅香山浄水場のつつじ祭りに行こうというものでしたが、



沈没…。



例年より開花が早かったようだ。



ツツジは終わってもつつじ祭りは開催される。



コースリーダー<norinori>姉さんもメンバーの「市民の会」のブースに立ち寄る。
自転車で町づくりしようという、堺らしい団体である。
「正しく楽しく美しい自転車利用」を普及すべく、「自転車のマナー・ルールクイズ」なるものにチャレンジ。



もちろん全問正解(内心ホッとしている)。

川面を渡る風も心地よく、自転車日和やねぇ~。





コンペイトウミュージアム。



歴史は戦国時代にさかのぼる。
キリスト教宣教師ルイス・フロイトが織田信長に献上したことから日本の金平糖が始まる。
製造工場では、こんな巨大な鉄鍋が15台ならんでいるそうな。



「銅鑼」と呼ばれる巨大鉄鍋は、大阪で開発された。
これを熱し、核となる小さなザラメを投入し糖蜜をかけながら、ガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラ(息つぎ)、ガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラガラ…と回すこと2週間!! あ~ら不思議、角が生えた金平糖の出来上がり。

思えば、堺散走なんて久しぶり。



南海堺駅あたり。



時は明治にさかのぼる。
明治25年5月、大阪麦酒吹田村醸造所から出荷された我が国初の本格的国産ビールは「アサヒビール」と名付けられた。
創業者の鳥井駒吉は堺出身で、旭橋は「アサヒビール」の社名の由来とされている。
また鳥井駒吉は、阪堺鉄道(南海電鉄の前身)の社長も務めている。

定番の堺灯台でへろへろの面々。



お昼は、なんとなくアメリカンなお店で、



ワンデッシュテンコ盛り。



まだ食うんか~い。



ややもたれ気味のお腹をかかえつつ、浜寺公園。



バラ園へ。



浜寺運河を快走して、



紀州街道で帰ろう。



お疲れサン。


サンデー毎日なへろへろ自転車部。通常は平日開催なんですが、GWということもあってやっと参加できました。
主宰者は高貴寺つながりの<nyanchu>さんです。




スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

雨と、押してた時間で浜寺公園界隈の捕虜収容所跡とか探検できませんでしたが、岸和田から先の紀州街道の枝道の細かいトコのディープさは、ほんの少しだけ楽しめた気がします。
大阪は1日にしてならずですね。(^◇^;)

No title

> 齋藤電鉄ryuさん

オイラが大阪を案内すると、市内だけでも4泊5日くらいになりますね~(爆)
花街、廃線跡、渡し船、レトロ建築、お好み焼屋。いずれもディープです。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索