fc2ブログ
 

奈良安全索道

奈良安全索道

2018/03/24(SAT)

ある友人から「こんなの知ってる~?」と情報をいただいたのが、



な、な、なんじゃこりゃぁ~。奈良にロープウェイがあったって~? ドリームランドやあるまいし…。
っちゅことで古地図(1922年)を検索してみると、



京終駅から東南東に延びる何やらアヤシゲな直線があるではありませんか!
オオオッッッ!!!ってことで、早速ツアーに申し込みました。

集合はJR万葉まほろば線(桜井線)京終駅。平城京の端っこの方、京の果てなんで「きょうばて」と読む。
なんだかリニューアルされているようで、<す>としては明治31年開業当時の駅舎の方が良かったな。このあたりは公務員的観光関係者に一考願いたいところである。



以前、このあたりは問屋街として栄え、テイチクレコードの工場があったりして、貨物専用の引き込み線が設けられた。



奈良安全索道がこの京終駅を起点としたのもうなずける気がする。

奈良市観光協会が主催するツアーで、ガイドさんとお弁当付き。
一行はバスに乗り込み、



名阪国道を東へ。
車中でいただいたお弁当は、平宗の柿の葉寿司。



小1時間で、大和高原民族資料館。



元は小学校だったようだ。



ここを管理、運営されている「大和高原文化の会」の方々から、奈良安全索道の概要や、なぜこの索道が建設されたかというお話を伺う。

奈良安全索道は大正8年10月から同11年11月にかけて建設された荷役用の索道で、京終駅~小倉駅までの16.9㎞を結んでいた。総工費は378,850円。米1升が13銭の時代である。
建設に尽力したのは中辻鶴松という人物で、旧針ヶ別所村村長や山辺郡会議員を務めた経歴を持つ。

全区間で111基の支柱を持ち、建設当時はすべて木製だったそうだ。





昭和4年に全線鉄骨製になる。

残されている搬器は民家のストーブに下に敷かれていたものが、たまたま発見されたらしい。大きさは70㎝×130㎝くらい。



下の金具にケーブルにひっかける金具が取り付けられていた。



で、なんでこの索道が建設されたかというと、



大和高原は明治期には凍豆腐の生産が盛んで、出荷量が増え続けていた。
当時の輸送は牛車や自転車によるもので、出荷量に限りがあった。これを解決しようと建設されたのが奈良安全索道なのである。



おっ、武田五一。



奈良安全索道のあらましをお勉強した後に、いよいよ廃線跡探索に突入する。

終点小倉駅付近では、この地に凍豆腐を伝えた杉本武助の碑。
このあたりは冬季は気温が低く、その間、仕事が少なかった。それを何とかしようと、はるばる高野山まで凍豆腐(高野豆腐)製造を学びに行ったとか。



豆腐小屋と呼ばれる製造所跡。



凍豆腐と同時に茶も生産されていた。



旧小中学校のグランドを回り込むと、



林の中の支柱跡。





ガイドさんは京終~小倉間全線を踏査されたそうだが、残念ながら遺構らしいものがあるのはここだけだったらしい。
鉄骨製の支柱を支えていた4つの基礎。アンカーボルトで固定されていた。



凍豆腐を伝えた杉本武助から数えて4代目にあたる方のお宅には、紀念碑。





そのお宅の向いが小倉駅跡。
凍豆腐の出荷場となっていた。



当時の門柱が残る。



山田駅付近。



お稲荷さんの参道を登りつめると、



とりあえず、この窪みが支柱跡と推測してみたりする。



索道のほとんどは尾根伝いに建設され、支柱の高さは3~10mくらい。このあたりが最も低くて、当時のガキンチョはいたずらで搬器に飛び乗っていたらしい。

天満駅跡。
ここで、祖父が天満駅長を務めておられたという方のお話を伺う。



当時の駅舎が残っている。

16.9㎞に渡る索道の動力は電動モーターで京終駅~天満駅間、天満駅~小倉駅間に1基ずつ備えられていた。
天満駅は荷役の中間地点で、荷物の積み替え地点となっていた。



ケーブルのテンションを取るために巨大な滑車が備えられていたという遺構。



駅長が通勤に使っていたという大正12年製の自転車。



今でも現役で動いている。



食いつかないワケがない!







「そや、縁というのは不思議なもんやな~。今日アンタらが来るっていう日に搬器が見つかったんや。ウチにあるから見においで。」
ということで、お宅にお邪魔させていただくと、





当時のお話を伺う。
荷役札。



荷役作業着。



パンフレットの表紙になった写真が!



かきもちやお茶までいただいた。



京終駅でゴール。



お疲れサ~ン。

奈良県の廃線跡といえば大仏鉄道や五新線は知っていましたが、まだまだこんなところがあったんですね。モニターツアーということでわずらわしいアンケートなんかもありましたが、それ以上に面白いツアーでした。
何よりも感動的だったのは、地元の方々とのお話です。もっともご高齢の方々のなんで、索道に飛び乗って恐かったという思い出話のなかに、元気な日本を垣間見たような気がします。
いわゆる「近代化」とは少し違う、地元に根付いた「近代化」にココロを奪われてしまった<す>でありました。



思わず漏らした<す>の一言…。
「鉄道路線跡なら地図から想像できますが、空中の索道はわかりませんよねぇ。」










スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

よくもまぁ、こんなツアー見つけましたねぇ...というか主催者もよくやったもんですねぇ~!近代化に当たって各地でいろんなことがなされてきたんだと思いますが、本当にそれを実感できますね!

No title

> De_Gucciさん

今回は友人からの情報でした。
遺構らしい遺構はほとんど残っておらず、まとめられた資料は地元の方々の記憶によるものです。
もちろん、ご高齢の方々なんで、この方たちが亡くなると索道のことは忘れ去られてしまいます。「そうなる前に」というのが、主催者側の意図らしいです。
公的なものや大手民間企業なら記録も残るでしょうが、村おこし的な小さな「近代化」こそが日本を支えていたのでしょうね。
それらが忘れ去られてしまうのは、淋しいことですね。

No title

スミだんなさんのために企画してくれたようなツアーでしたねえ。 またいつか、輪音のコースになるといいなあー

No title

> hin*noy*m*さん

あいや~、これは自転車ではたどりにくいなぁ~。
アップダウンが多いコースは苦手です。

No title

おはようございます。天理軽便鉄道の旧安堵駅の件では、新知識をありがとうございました。
今日は、奈良安全索道に目を奪われました。奈良の下市に住んでいた時は、別の索道をかなり探索しましたが、個人の力ではほとんどわかりませんでした。
次は、このツアーに参加して見たいと思います。

No title

> chinuさん

オイラも知人に教えてもらうまで全く知りませんでした。
それだけに主催された方々のご苦労がわかります。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索