fc2ブログ
 

HAPPY WEDDING

HAPPY WEDDING

12月2日、摂津国一宮住吉大社。
昨年8月に入籍した娘っちの結婚式が行われました。
「そうや、アイツ結婚してたんや…」
と忘れてしまうほど…。



「トンビがタカを産んだ」ともっぱらウワサの娘っちです。




親の<す>が言うのもオカシイですが、わりとベッピンさんです。

最強(?)の角もウマく隠されているようで…。



ダンナ様もオトコマエなのですネ。



時折、住吉大社で見かけた花嫁行列にまさか自分が参列するとは思いもよりませんでした。



第一本宮にあがって、結婚式の始まりです。



修祓の儀から始まり、祝詞奏上、三々九度、誓詞奏上。
玉串拝礼の後は、神木の松を頭上に掲げた巫女さん(住吉大社では神楽女と呼ばれます)たちが舞を奉納してくれます。
親族が盃を交わし、一連の儀式はメデタシメデタシとなります。

娘っちの友人たちがたくさん駆けつけてくれました。



一般的に「花嫁の父」というものは、愛娘と過ごした日々を想い「ヨヨヨ…」と涙したりするものらしいですが、神妙な面持ちのダンナ様を尻目にはしゃいでしまう父。



「エエ加減にしいやッ!」
と娘っちからダメ出しをくらう、ウカレポンチなオヤジでありました。

お色直し。
花嫁の後ろ姿は定番ですネ。



「お腹すいたから、とにかくカンパァ~イ!!」
という<す>の発声とともに披露宴の始まりです。



<す>が結婚した頃のバブリーなハデ婚と違って、



家族だけの静かな披露宴。



カラオケなんかがあったら「花嫁」なんぞを歌ってやろうかと目論んでいましたが、



ダンナ様のご両親はどちらかというと静かな方々で、



だからと言って黙々と食っているワケには参りません。



あれやこれやと、



「そういえば、ダンナ様のご両親にお会いした時は、イカの塩辛やったよなぁ~」というような、ボケやツッコミをかましながら、



ささやかながらもニギヤカな宴となりました。

引き出物には、



酒好き(<す>のような飲んだくれではない)のダンナ様をゲットした辺りは、「よくやったッ!!」と娘っちをほめてやりたいですネ。

先ごろ同じように娘さんを嫁がせた友人からはお祝いのメッセージカード、お近くにお住いの先輩からは写真を一杯いただいて、



また、各方面からお祝いをいただいた方々に心よりお礼申し上げます。
ありがとうございました。


オマエら、その手を絶対に離すんじゃねェぞッ!!












スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

角田さんもいい表情!二人力合わせて暖かい家庭を築いてほしいものですね。

No title

こんにちは、娘さん御結婚おめでとうございます。住吉大社での結婚式、素敵ですね!
私もいつかはこういう日が来るのでしょうか?
末永くお幸せに㊗‼

No title

とぼけたオッちゃんのブログでも、こんなネタに涙腺をゆるめてしまうのは、更年期でしょうか?

No title

おめでとうございます。
近所の住吉大社で結婚式と聞き、コレはスミダンナさんの泣きべそ顔を撮して世間にお知らせせねばとカメラとズームを肩にいそいそと出掛けたのですがファインダーに写るのはニコニコ顔のスミダンナさんばかり。時にはいつものようにおふざけもあってなんか拍子抜けでした。
まあ、自分の娘の時はどうだったかと思い返せば自分もやっぱり一日中ニコニコしていたと思います。
花嫁の父の涙なんて昔話ですね。

さあコレで次は爺じクラブへの入会ですね。
いつになるんでしょう?
楽しみ、可愛いですよー

No title

> De_Gucciさん

ありがとうございます。
お天気にも恵まれて、良かったです。

No title

> kanbiさん

ありがとうございます。
ウチの娘っちは「結婚なんかしない!」と宣言してたはずなんですが。。。

No title

> にもさん

ありがとうございます。
う~ん、間違いなく更年期ですね~(笑)

No title

> syokoraさん

ありがとうございます。
「どこかで見かけたオジサンやなァ~」と思ったらsyokoraさんでした~(笑)
次は爺じクラブですか。
オイラは孫ができても、笑ってるんでしょうね、たぶん…。

No title

だいぶ前、みんなで住吉大社にサイクリングで行ったとき、宣伝のためか、花嫁行列の撮影会をしてたけど、そのときのカップルより綺麗ですねえ。おじいちゃんになるのももうすぐですか?

No title

> hin*noy*m*さん

ありがとうございます。
そういえば、そんなデモンストレーションに出くわしたこともありましたね。
ヤツラの生活はまだまだオママゴト状態で、ジィジになるのは少し先のようです。

No title

誠に御目出度うございます。
うちは娘がまだですが、息子の時のように両家代表しての挨拶もしなくでいいだろうし、披露宴で美味しく食事が頂けるんだろうと楽しみにしています。
しかしスミだんなさん、ちょっとちゃらけ過ぎでは?でもいい顔です・・・。
  • #2256 京都の自転車愛好家 
  • URL 
  • 2017.12/05 23:06 
  • このコメントを編集する  ▲EntryTop 

No title

> 京都の自転車愛好家さん

ありがとうございます。
この日までにご両親とお会いしたのが一度だけ。
共通の話題を引き出そうと必死のパッチの父でした。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索