fc2ブログ
 

エエ道リターンズ・彼岸花を愛でにRUN

エエ道リターンズ・彼岸花を愛でにRUN

2017/09/24(SUN)

春に葛城の道を走った時に<にも>さんから、「彼岸花の頃に走りたいネ」というリクエストをいただいていました。
ブログ限定告知ということで「超裏輪音『極(きわみ)』」と銘打ってみましたが、当の主宰者はどこが「極」なのかということにはまったくこだわっておらず、その内、「雅(みやび)」とか「プレミアム」なんて言い出すかも知れません。
さてさて、最近は「フタを開ければ大所帯」の輪音ですが、今回は総勢6名。これくらいの人数の方が気を遣わなくていいですね。ミスコースしても「ごめ~ん」で済むし…。20人くらいの大所帯をUターンさせるのは大変なんですから。


橿原神宮前駅から曽我川沿い。掖上を経て吉野口駅へ。
当初は「TEGAMI Cafe」での昼食も考えたが、駅前の「柳屋」さんでお弁当を調達。
「駅弁と聞いただけで、お腹空いてきた~。」
「もう少しガマンしましょうネ。走り出してからまだ30分しか経っていませんよ。」



奉膳から薬水へ。
ご新規さんは、紅一点<M崎>さん。
「これなぁ~んだ。知ってる人は答を言わないように。」



「ええ~っ? お城~?」
「ざぁ~んねん、変電所の跡なんですよ。」
なんて小ネタを披露しながら、お約束のレンガウンチク。



いやいや、彼岸花を愛でないとね。

前回のルートをたどるつもりだったが、どうやら1本手前を曲がってしまったようだ。比較的新しい道で旧R24から風の森へ。



お目当ての彼岸花も見頃を迎えている。



少し蒸し暑さがぶり返したような日だが、相変わらず心地よい風が吹き抜けていた。



高鴨神社(本殿改修中)から、



下界の風景を楽しみながらの気持ちの良いゆったりとしたダウンヒル。

名柄まで下ってくると、
「<す>さん!」
なんとまぁ、轍CCさんの面々と遭遇。



「あいやぁ~、どちらまで?」
「特に決めてないんですけど、彼岸花を見に来ました。<す>さんは?」
「裏輪音で彼岸花を愛でに。」
「で?」
「御所まで下って『モリソンカフェ』で一休みしようかと…。」
「あれま、我々は3時半に予約してるんですよ。」
まぁ、この時期、この辺を走っていると同じようなルートになってしまうのであるネ。

長柄神社でお昼。
それぞれに買った鮎寿司やら柿の葉寿司をシェア。



さらに一言主神社まで下る道中のベストビュー。



しばしの撮影会となる。



ウ○コ座りは男のロマン。



「ハイっ、スタート!」





一言主神社でも参詣する人より彼岸花目当ての人の方が多かった。



御所まちへ。

端駆橋(はなかけばし 昭和3年架橋 RC充填欠円アーチ橋 近代土木遺産Bランク)。キーストーン部がライオンのレリーフになっている。



お気に入りのレンガアパート。
「モデルは女子やね。」
<にも>さんが熱写。



先日、知人から贈っていただいた銘酒がお気に入りのヨメさんからの指令。
「『風の森』を買ってこいッ!」



一升瓶を担いで帰るのはツラいので宅配。

指令を果たした後は「モリソンカフェ」でコーヒーブレイク。



コースターは高鴨神社修復に使われている木材の端材だそうだ。宮大工さんが届けてくれたとか。



上質の桐材は屋根に使われるので大きさの割には意外と軽い。
「グラスにくっついてきますが、神様なので落とさないように。」
と、オーナーさんのありがたいお言葉。

店を出るころに轍CCさんが到着。天候が危うくなってきそうなので予定を早めたそうだ。



池之内から小さなピークを越え、掖上からもと来た道を戻り橿原神宮前駅でゴール。



お疲れサ~ン。


その年の気候によって前後する花の時期ですが、彼岸花はその名の通りお彼岸の頃に見頃になるのは不思議ですね。稲穂の黄緑と彼岸花の赤は日本の原風景と言ってもよいほどのコントラストを見せてくれました。
水田に山並みが映る初夏の頃も良いし、彼岸花の頃も良い。やっぱり「エエ道」でした。
次回は山並みが白くなる頃に訪れてみたいですね。同じルートを季節を感じながら走ってみるのも良いものです。

で、今回仕入れた「風の森」が届きました。



向って左は知人に贈っていただいた大吟醸。とてもフルーティーな味わいでした。
酒米、精米歩合以外は同じ製法ですが、今回仕入れた方が酒さけしていて(精米歩合が低いので雑味が残る)、<す>好みです。
今宵も心地よくヨッパライ也。


スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

ほんまですねぇ!また季節を変えて、その時々の風情を楽しみたいです!またよろしくですぅ!

No title

今回もたっぷり遊んでいただいてありがとうございました。
いいタイミングで彼岸花も見れましたし、秋の定番コースになりますね。

No title

いつもフレッシュな写真有り難うございます。

No title

今回は残念、前日の宇陀ポタの疲れで行けませんでした。

No title

> rhj*s*61さん

四季のある日本に生まれて良かったです~(笑)

No title

> にもさん

次は金剛山系が白くなる頃に行ってみたいですね。
冬枯れの風景も好きです。

No title

> kanaokahondaさん

「写したいものを撮るのではなく、不要なものを排除するんだ」ってカメラ屋のオッチャンに教えていただきました。

No title

> モゼールさん

この道を知ったのもモゼールさんのおかげです。
また「エエ道」に連れて行ってください~♪

No title

お疲れ様でした。
彼岸花もちょうど見頃でまた違ったエエ道でしたね!
あんなに彼岸花があちこち咲いてるとは思いもしませんでした。
ホント四季を通して楽しめるコースですね、有難うございました。
またお願いします。

No title

> kanbiさん

ホンマに昨年から何回走ったことか~(笑)
定番ルートですね。

No title

やっぱり、彼岸花は奈良に一番似合うような気がします。見事ですね~
モリソンカフェもいい雰囲気やわ。
今年の秋は、お酒がいっぱいあって、毎日楽しみですね

No title

> hin*noy*m*さん

かつて写真好きの友人が、「京都はカラー、奈良はモノクロ」と言いましたが、そんな中で鮮やかっ立ったのは彼岸花の「赤」だったそううです。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索