fc2ブログ
 

高貴寺に集う会

高貴寺に集う会

8月を除く偶数月第3日曜日は高貴寺に集う会です。

またまたご住職が新たなことを始めたようです。



巣箱を作って置いておくと境内に住むニホンミツバチが、巣別れして入ってくるそうです。

で、本日の作業ですが…。
「どうしたら良いでしょう?」
「何がですか?」
「排水工が詰まるんです。」
「まぁ、管径が小さいからね。」
「なんとかなりませんか?」
っちゅうことで、排水工のまわりに土嚢を積んで土砂の流入を抑えることにします。



土木作業と聞き、マイスコップ持参でヨロコビ勇んで参加した<す>でありました。

お昼はお母さん方が作ってくれた夏野菜カレーです。
ご夫婦がお子さん連れで参加される方が多く、食堂となっている囲炉裏端には子供たちの行列ができています。
今までは一汁一菜が基本のお昼でしたが、カレーが出てくるなんて!!
カレー好きの<す>にとってはまことに喜ばしいことで、ましてやグリーンサラダがついているなんて、贅沢なお昼をいただくことができました。

作業終了後に、久々に参加された<KOTO>さんから、
「庭に五右衛門風呂がある古民家を見に行きませんか? 友人が案内しますよ。」
とお誘いを受け、ヘコヘコとついていきました。
五右衛門風呂にも古民家にも興味がないわけではないですが、どちらかというと生活感のあるレトロ建築が好みなんで…。

<KOTO>さんのご友人のご友人がかつてリノベーションされた築70年の民家。



すでに手放されているということなので、もぬけのからだと思われましたが新しいオーナーがお仲間たちと改装中でした。

古道具屋で見つけた階段とか、



屋根裏部屋の窓はデザイン的にも構造的にもよくできています。



三和土やら建具やら、旧き良き昭和の匂いがプンプンしました。
生活感が溢れています。
古民家にせよレトロ建築にせよ、人が住んでこそのものだと思います。

で、庭の五右衛門風呂はこちら。



近くには川が流れ、ホタルでも飛んでいれば絶好のロケーションです。
焚口のレンガにチョイ萌えしながらも、



「もぐら湯」はエエなぁ~。




「人が集う」というのは素晴らしいですね。
高貴寺のボランティアにしろ、お仲間でリノベーションされている古民家にしろ、人が集まってこそ成り立つものなんですよね。
時々、人づきあいが面倒になって閉じこもってしまう<す>としては、反省しきりであります。





スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索