fc2ブログ
 

サイクリングにおけるストーリー性についての一考察

サイクリングにおけるストーリー性についての一考察

2017/05/07(SUN)

輪音RUNです。
今回のお題は「奈良三大遊郭探訪」ということで、知られざるDEEPな奈良の歴史をえぐり出します。
先日、超裏輪音ということで下見(https://blogs.yahoo.co.jp/sumidanna1116/37583191.html)を告知すると、なんとまぁ10名様のご参加。さぞかし本番の参加者は少なくて、やっとまったりと走れて、お昼は高畑のお気に入りの蕎麦屋に行けるかなとニヤけておりましたが、なかば恒例化している「フタを開ければ大所帯」状態。
で、今回は久々のヒットコースで(個人的に)、サイクリングにおけるストーリー性(起承転結)なんちゅうものを考えてみました。


~起之段~

集合場所の柏原市役所には、大御所も含め泥除け付き自転車が集まる。最近は泥除け付き自転車率が高い。
さっそく自転車談義が始まる。



下見にも参加していただいた方、はるばる京都からお越しの方。フタを開ければ総勢13名。

先ずは夕凪CC世話役の<I井>さんのリーディングで龍田越奈良街道を行く。
龍田越奈良街道は、最短距離の暗越奈良街道の登坂を避けたルート。まわり道となるが登坂は少ない。



意外と知られないユッサユッサ揺れる大和川の吊り橋を渡り、



亀の瀬のちょこっとした登坂を過ぎて、



法隆寺でのトイレ休憩でも自転車談義は果てしなく…。
<モゼール>さん合流。




~承之段~

斑鳩・西ノ京自転車道から京終・薬師寺線を経由。途中の王将で少し早目の昼食をとったあと本題に突入。



木辻遊郭跡。
歴史は古く、時代は平城京遷都の頃にさかのぼる。
遷都とともに飛鳥にあった寺院も移転され、このあたりには元興寺建立に携わった職人が多く住んでいた。その職人たちをつなぎとめるために遊郭が置かれたというから、1300年も前になる。日本最古の遊郭といっても間違いない。




~転之段~

もと来た道を少し戻り大和郡山に入る。
洞泉寺遊郭跡。



歴史的なことは良くわかっていないが、江戸時代にはすでに存在していたらしい。
郡山城下であり、周辺には茶町、塩町、紺屋町、大工町という地名が残ることから商工地として栄えていたのであろう。どちらかといえば格式の高い遊郭であった。
「河内の兄ちゃんが山を越えて遊びに来た」(<I井>さん談)。
千本格子の妓楼がきれいに保存されている。下見の時には気付かなかったそれらしい石橋。



っちゅうことで、遊郭跡探索隊の面々。




~結之段~

洞泉寺遊郭の大門があったあたりにある金魚の電話ボックス。



「結界」の外にはお決まりの銭湯がある。
遊びに行くときはきれいにしていかないとサービスが悪かったとか…。



洞泉寺遊郭跡の目と鼻の先にあるのが東岡町遊郭跡。



こちらも歴史的なことは詳しくわからないが「郡山新地」と呼ばれてたくらいだから洞泉寺遊郭より新しいのだろう。
売春防止法施行(1958年)後も密かに営業されていて、



1988年の摘発で幕を閉じる。
当時は洞泉寺遊郭より規模が大きく、こちらは庶民の遊び場だったそうだ。



ほぼ形跡のない木辻遊郭跡や妓楼がきれいに保存されている洞泉寺遊郭跡と明らかに異なって、廃屋となってしまったが当時の華やかさが伺える(ある意味、生活感というか…)。

あとは下見通りのお約束をたどって、



お疲れサ~ン。


サイクリングにおいてもストーリーは大切ですね。
今回は徐々にDEEPになっていく遊郭跡に皆さんのテンションが上がっていくのが感じられました。
木辻遊郭跡「ふ~ん。」
洞泉寺遊郭跡「ほほぉ~。」
東岡町遊郭跡「おおおッ!!」
って感じでした。
もし、これを逆ルートでたどっていたら尻すぼみだったと思います。














スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

お疲れ様でした。
参加者によって色々味付けされたり、下見の時とは同じ道を走らず違う筋書きに(多分?)なってもストーリー性は失わないスミだんなさんの「ドヤ顔」が浮かんでいます(笑)⁈
遊郭探索感動しました。
下見も楽しかったのでしょうね!
ありがとうございました。
またお願いします。

No title

遊びに行くのも、ストーリーが大事。Good story!

No title

師匠にoffハヤマさん、Kカメさん、I井さん、kanbiさんといっぱい参加されてたんですね?
段々と増えてきて楽しそうです。(笑)

No title

お疲れさまでした。
これまたディープなコース内容で
十分楽しませてもらいました。
次回もよろしくお願いします。

No title

> kanbiさん

お疲れ様でした。
リーディングするときはエネルギーを使い切ってしまうので、解散後の脱力感はハンパないです。
でも、それが快感なんですけどネ~(^^)

No title

楽しいコース設定、面白かったです。また宜しくお願いします。

No title

> Takiさん

ただウンチクをたれるだけでは、食いつきは低いですね。やはりビジュアルに訴えないと~!

No title

> KIHARUさん

最近は「フタを開ければ大所帯」のみならず、大御所様が参加されます。おかげで(?)で泥除け率の高いこと!

No title

> モゼールさん

お疲れ様でした。
なかなかこんなヒットコースは出ませんね。
精進致します~(笑)

No title

> マツモトさん

お疲れ様でした。
今度は蕎麦屋RUNに誘ってくださ~い♪
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索