fc2ブログ
 

夕凪CCのみなさんと「エエ道」

夕凪CCのみなさんと「エエ道」

2016/11/13(SUN)

夕凪CCさんのクラブランにゲスト参加させていただきました。
行き先は「エエ道」葛城古道です。
<モゼール>さんに教えていただいてから<kanbi>さんと<す>は、この道の虜になってしまい、先月は輪音で、今月は夕凪CCさんで走ることとなり、下見を含めて今シーズン4回目の訪問となりました。


いつものように(笑)<kanbi>さんの車に便乗。今回は解散場所が当麻寺ということで二上パークの道の駅に車をデポした。
山麓線から南阪奈の高架下を経由して集合場所の橿原神宮駅前へ。
秋らしい風景。籾殻を燻して田んぼの肥料にするそうだ。



本日は<kanbi>さんがコースリーダー。
「<す>さん、ちゃんとアシストしてや。」
「いやいや、<モゼール>さんも来られているし、私は後ろの方でサイクリングを楽しませていただきますよ。」



サイクリング日和って、こんな日のことを言うんやろね。
橿原神宮参道のイチョウ並木が黄金色に輝いている。



やっぱり引っ張っていくより、ついていく方が気楽でエエわぁ~。

掖上駅から弁当調達のため白鳥陵方面へ。
まわり道になるのになぁと思っていたが、これが後で功をすることになる。
まわり道でも「エエ道」。


(<I井>さん提供)

コンビニで弁当を調達してR309の脇道で小さなピークを越え、葛で本来のルートに戻る。
「何かがあるとすぐ止まる。一度止まるとなかなか走り出さない」というのが、この老舗サイクリングクラブのモットー。

葛村道路元標。



吉野口駅から、



栗坂峠を越え、



葛木御霊神社。



古代氏族の鴨氏が五穀豊穣を祈願し祀った神社で、高鴨神社(上鴨さん)、鴨都波神社(下鴨さん)とともに「中鴨さん」として親しまれている。
このあたりで葛城氏が台頭していたのは飛鳥時代で、鴨氏の歴史はもっと古いようだ。
スサノオが出雲でヤマタノオロチを退治してクシナダと結ばれ、そこから数えて11代目の孫が鴨氏の祖先というから、もう神話の世界。
当然のことながら出身は出雲ということになる。
金剛山周辺は天孫降臨伝説があるくらいだから、うなずける話である。



誰かが「エエ加減に行くで!」と言わない限り延々と話し続けている老舗サイクリングクラブは、やっとこさサドルにまたがり風の森を目指す。





R24をまたぎ、一番の絶景ポイントへ。



何回来てもエエわぁ~。
この日の風は暖かく穏やかだった。



各方面での長いウンチクがたたり(?)、ここでお昼の時間。
弁当を早目に買っておいたことが功を奏して、抜群のロケーションでのお昼となった。



景色がいいとコンビニ弁当でもウマいのだ。



「<す>さん、早よ夕凪に入らな来月忘年会やで。ウチに入んのんイヤなん? それともウチに問題があるんかな。」
「いえいえ、別に嫌がってるワケでなく…。デモンタが手に入ったら入れてもらおうかと…」
「そんなら、早よデモンタ買い! それと忘年会おいでや!」
「は、はい。どもども…。」

そんなこんなで午後からは、<kanbi>さんと<す>が惚れ込んでしまった葛木の道へ。

高鴨神社。



色付き始めた紅葉が美しい。





社務所の方に先日気になった石垣の灯籠のことを訪ねてみた。
「あんまり古い話なんで分かりませんが、遊び心じゃないですか?」
とのこと。

さてさて一行は「エエ道」のメインへ。
右手の温室ではポインセチアが栽培されていて、この時期は真っ赤だそうだが(<I井>さん談)、今年は栽培されていなかった



景色が良いとすぐに止まる老舗サイクリングクラブ。



何回来ても「エエ道」は「エエ道」。



そして談笑…。



長柄の集落で以前から気になっていたもの。



「これ何やと思います?」
「ラジオ塔ちゃうか?」
「でも、『標準』って書いてあるから時計やないかと思うんですけど…。」
「う~ん、なんやろね~。」

疑問を残しつつ一言主神社。



大銀杏は黄金色に輝くまで、もう一歩というところ。



続いて九品寺。



境内裏手の千体石仏が並ぶ小路を上って行くと、



本堂の甍越しに眺望が広がる。



近くのベンチをお借りして「喫茶『夕凪』」開店。プロが香り高いコーヒーを淹れて下さる。



尽きることなく続く談笑…。



「エエ道」は続く。



太田で葛城の道から外れる。
ちょこっと道に迷って、



やってきたのが現徳寺。



「松柿」という不思議な木がある。
文明19年というから今から500年以上前、蓮如上人が立ち寄った際に松の木に柿の木を接いだと言われている。



どうも樹齢500年以上とは思えないが、そんなことを言ったらバチが当たるかも知れない…。

「じゃ、忘年会で。」
「えと、あのその、ハイ。」
輪行のため磐城駅に向かう一行と別れ、<kanbi>さんと<す>はデポ地点に向う。
せっかくだから文光堂をチラ見して、



お疲れサ~ン。


夕凪CCの皆さん、リーダーの<kanbi>さん、アシストの<モゼール>さん、楽しい一日をありがとうございました。
お天気とメンバーに恵まれ、滅多にないくらいの最高のサイクリングでした。
走っている最中も、「エエ道やなぁ~」という声を何度もお聞きました。何回走っても「エエ道」は「エエ道」なんです。
冬枯れの頃も見晴らしが良くなって、良いかも知れません(寒いケド…)。
その時は、また一緒に行きましょネ~、<kanbi>さん!










スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

お疲れさんでした。
ほんまに、何回も走っている道です。

それぞれに違った景色を見せてくれるのも、
エエ道になるんでしょうかね。

No title

葛城古道は一度だけ走ったことがあります。
上の方に上がると結構アプダウンがきついところもあると思うのですがエエ道ですよね。
何と言っても少し寄り道すると老舗の酒蔵がいくつもありますからね。

No title

> モゼールさん

私がいいなって思ったのは、最初にモゼールさんに連れていってもらったときです。
水田に映る金剛山系は絶景でした。
「エエ道」を教えていただき、ありがとうございました。

No title

> syokoraさん

このルートは風の森まで上がってしまうと、あとは下り基調なんです。山麓線から外れるんで、車も少なく「エエ道」です。
高天彦神社まで上がってしまうと(以前、担ぎ上げました)、アップダウンがキツくなりますよね。
吐田米というブランド米があるくらいだから、水が良いんでしょうね。百楽門、風の森ウマいですね~(^^)

No title

こんばんは、コメントが遅くなってすみません。

「エエ道4連チャン」お供したりされたり、
お疲れ様でした(笑)!

ホント、サイクリング日和と言うのは、こんな日のことを言うのでしょうね!最高に楽しい1日でした。
ありがとうございました。では忘年会で・・・!?

No title

ぼちぼち紅葉がエエ感じになってきましたね。
山間部の紅葉より田舎の集落の紅葉の方が生活感があって好きですね。

葛城ってそんな風景に出会えるところなんですね。
天気が良ければ尚更楽しい。

No title

> kanbiさん

夕凪忘年会の翌日は輪音RUNなんですけど…。

No title

またまたいい道を、夕凪コーヒー付きで最高ですね。前よりぐんと色づきましたね。なのに大銀杏はあと一歩なんやー。
ところで、誕生日おめでとうございます。
これからもいっぱいウンチクを聞かせてくださいね。

No title

> hin*noy*m*さん

そうなんですよ、紅葉が進んで黄金色の大銀杏に期待したんですが…。
でも、気心が知れた仲間と走るのは、ホントに楽しいですね。

ありがとうございます。55歳になりました。
これからも拙いウンチクにお付き合いくださいネ。

No title

> にもさん

「生活感」って好きです。

四季折々の自然の中で生きてきて、その自然に感謝し神を祀る。
「葛城」ってそんなイメージです。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索