fc2ブログ
 

スミCOOK(#91)

スミCOOK(#91)

神と仏のまぜごはん



絶対に必要なもの:シジミの佃煮、奈良漬け

先日のサイクリングで買ってきたショウガの奈良漬けをきざみ、出雲出張で買ってきたシジミの佃煮(ショウガ風味)と一緒にまぜごはんにしてみました。
神話の国・出雲と、仏教伝来地・奈良(この場合は大和と言った方が正解か…)の特産品コラボなんで「神と仏のまぜごはん」。

でもどうして酒粕で漬けたのを奈良漬けっていうのでしょうか。
以前なら図書館で調べたものですが、最近はネット検索というのがあるので便利ですね。

歴史は奈良時代にさかのぼり、当時からウリを酒粕で漬けた「かす漬け」なるものが存在していたそうです。室町時代には奈良の漬物ということで「奈良漬け」と呼ばれるようになり、江戸時代には幕府に献上されたりして普及していったらしいのですね。
で、なんで酒粕なのかというと、酒粕というのは清酒を絞った後の残りカスです。つまり清酒を造らないと酒粕はできないワケで、その清酒を初めて造ったのが奈良の正暦寺というお寺なんですね。

ここから先は想像なんですが…。
僧坊酒といった酒を造っていたお寺ですが、お坊さんはお酒を飲むことができません。
「飲みてェな~」
「飲みてェ~な~」
「酒粕かじってみるか」
「お、意外とウマいぞ~」
「ウメイ、ウメイ」
「糠っぽいから、いっぺんウリ漬けてみよか」
……。

ショウガの奈良漬けを買った太田酒造は江戸時代に醤油醸造から始まった老舗で、明治2年に酒の醸造を始めました。
今では酒造りはしていませんが、当時の酒蔵で奈良漬けを作っています。大吟醸の酒粕で2年間漬けるそうです。








スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

出雲と大和のコラボとは・・・真にご利益がありそうな、結構なご飯ですね。私も試してみようと思います。

No title

> minatocycloさん

ごはんは炊き立てよりも少し冷ましてからの方が良いようです。
ショウガ好きならたまらないまぜごはんです。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索