fc2ブログ
 

高貴寺に集う会

高貴寺に集う会

偶数月の第3日曜日に開催される「高貴寺に集う会」です。
初めて参加させていただいたのは2013年2月ですから、丸3年になります。
三日坊主の<す>としては、よく続いている方です。
…というのも、最初は自転車仲間から「美味しいお昼ご飯が食べられるよ」という誘い文句にのって参加しましたが、その内に参加されている方々が多種多様なお仕事に関わっておられることを知り、異業種の方々からお聞きするお話が非常に興味深くなってきたのです。
自転車の集まりでも友人は多いのですが、そこではもっぱら自転車談義になってしまうのですね。

<す>が勝手に名付けた「ヤギ牧場」には、梅の花が真っ盛り。



春が近いですね。

今日の作業は倉庫の整理。
高貴寺では、電気は通じていますが食事の支度や風呂焚きは薪が燃料です。その薪の原料となる大量の木材や廃材が倉庫に保管されています。
「こんだけ木があったら、家一軒建つんちゃうか~」
なんて言いながらの力仕事です。

美味しいお昼をいただいた後、引き続き燃料の確保で柴をまとめます。
「仕事柄、子供たちに絵本を読み聞かせていますが、『おじいさんが柴刈に』ってこんな感じなんですね」
とおっしゃるのは、初参加の男性保育士さん。
「昔は子供の仕事やったんやで」
「『柴刈せんかったら、晩ごはん抜きやで』なんて言われてね」
「それって、虐待やん(笑)」
「今の子供はこんなことしないし、危ないとか言って親もさせませんね」
「命に関わらん小さいケガくらいやったらエエと思うんやけどね」
「子供たちに経験させたいですね」

作業の合間に倉庫脇のガレキに目をやると…。
「!!!」
以前、手洗い場にあったものには気が付いていましたが、こんなところにこんなお宝があったなんて思いもよりませんでした。
手に取って眺めていると、
「持って帰っていいですよ」
と、ご住職からありがたいお言葉を頂戴しました。
「<す>さんから話を聞くまで、気が付きませんでしたよ。それから気に留めて…。ガレキを掘り起こすと結構出てきますね」

思わぬお土産をいただいた今日のお掃除ボランティアでした。


帰宅してから丁寧に土を落としました。
「四ツ花弁」日本煉瓦製。



よく見ると「八」のような文字が見えます。
普段見られるのは積まれている状態なので、裏面にも刻印があるなんて知りませんでした。



製造段階で石が混じったのでしょうか。品質管理の厳しい現在では、異物混入で不良品になるかも知れません。

「六芒星・二重押し」津守煉瓦製。



「六芒星」の刻印は、以前に西成区潮路の謎のレンガ塀で見つけて以来の再会です。

「六芒星・カ(?)」
東成区大今里でレンガ探索した折にガレキから「カ(?)」のみの刻印を発見しましたが、津守煉瓦やったんですね。



「六芒星・K」
「カ」の刻印と関係あるのでしょうか?



積み上げられているレンガを持って帰ることはできませんし、もちろんそれは他人の所有物になるので、「チョット拝借」というわけにもいきません。
ご住職のご厚意に感謝いたします。
ありがとうございました。

スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

おはようございます。
教祖様には思わぬお宝ではありませんか?
ボランティアのご褒美ですかね‼

No title

> kanbiさん

もちろん、飛び上がるくらいにうれしかったですよ~!!
刻印レンガを間近に眺めながら飲む酒は格別です~(^^)
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索