fc2ブログ
 

船場レトロビルと天王寺七坂巡り

船場レトロビルと天王寺七坂巡り

2016/02/14(SUN)

先月に続き、夕凪CCさんのクラブランに遊びに行きました。
レトロ建築めぐりは過去に何度か走っており、天王寺七坂は1月の輪音RUNでご案内したばかりですが、同じようなルートを違う人がプロデュースするというのも興味ありますね。


心配された雨は未明に上り、「集合を1時間遅らせます」という夕凪CC世話役<I井>さんの読みが大当たりして、家を出る頃には青空が顔を見せている。
予報では気温も上がり、良いサイクリングになりそうだ。



総勢21名の大所帯。
レトロ建築めぐりということで…、



ツィードジャケットにニッカボッカ。おまけにハンチングまでお揃いで、ビバロをレストアしたクラブモデルを駆る<KIHARU>さん。
「典型的なブリティッシュスタイルやね」
「実はシンガポールあたりの怪しい東洋人ですねん~(笑)」

今回、初めてリーディングを担当される<kanbi>さんがやや緊張の面持ちでコース説明。緊張のあまり寝不足だそうで、
「<す>さん、離れんとってや!」
「よっしゃ、まかしとき~!」

下調べしたネタ帳を見ながらの解説は、集合場所にもなった中之島中央公会堂から始まり、日本銀行大阪支店から、



三井住友銀行大阪本店。
「あまりに大きくて近くでは全景を見られないので、対岸からの方がよく見ることができます。外壁は兵庫県高砂産の竜山石です」
すかさず、
「竜山石は姫路城の石垣にも使われていますね」
とアシスト。



土佐堀川沿いに建つ大同生命ビル。



「土佐堀川」といえば、朝ドラ「あさが来た」の原作となった古川智映子さんの小説で、



ここはヒロイン「あさ」の嫁ぎ先。

船町ビルを経て、



日本基督教団大阪教会。



「<す>さん、これは何積みやったっけ?」
「フランス積です!!」

大阪倶楽部の



近くにある旧大阪市消防局今橋分署。



「ポンピエールというのは、イタリア語で『消防士』のことなんですよ」
と小ネタを披露する<す>に
「ホンマかいな~」
「ホンマ、ホンマ! 信頼できるスジから仕入れたネタなんで間違いないですッ!!」
まったく、信用されていない<す>的な小ネタ…。

大阪瓦斯ビルヂング。
「旧館(南館・1933年竣工・写真左手)は安井武雄の設計や。新館(北館・1966年竣工・写真右手)は当時社長やった佐野正一の設計やねん。旧館と新館の取り合い部が絶妙やろ。庇が連続していて見事や」



と小ネタを披露するのは、かつて安井建築設計事務所に勤めておられた<kottaman>師匠。

芝川ビルでは、



この日のために<す>が朝日新聞夕刊コラムで仕入れた小ネタを炸裂。

このビルを建てた芝川又四郎は住之江区北加賀屋の『千島土地』を創業した芝川又右衛門の次男で、建設の4年前に関東大震災があり甚大な被害を見て頑丈な建物にしたそうです。また当時、又四郎は帝塚山に住んでおり、初代帝塚山学院長の庄野真一の紹介で竹鶴政孝・リタ夫妻を紹介され、自身が所有する家を貸しました。それが縁で政孝が大日本果汁(後のニッカウヰスキー)を設立する際に資金を提供したそうです。会社設立総会はこのビルで行われ、今はベトナム料理店になっている地下室には最近まで当時のウイスキーが保存されていたそうです。おまけに日本女子大学創立の折には、三井八郎右衛門、岩崎弥太郎、広岡浅子らとともに寄付を行い尽力したそうです。ある意味、『マッサン』や『あさが来た』ゆかりの建物と言えますね」
余談になるが、当初、日本女子大学は大阪で創立される予定だった。その場所には現在の清水谷高校があり、その前身は清水谷高等女学校。広岡浅子が女子教育に尽力した姿がうかがえるようである。
また近くには舎密局(せいみきょく・フランス語で化学を意味する『Chemie』に由来する。後に京都に移り、京都大学の前身となる)があり、
「もしも舎密局が京都に移らず日本女子大が大阪にできていれば、大阪は学問の町になっていたであろう」
とは、現清水谷高校の校長先生のお話。

小ネタが長くなったが、一行はレトロ建築めぐりを進める。

綿業会館。



「このあたりは三休橋通と言って、大阪で最初にガス灯がともったのですよ」
相変わらず<す>的な小ネタを披露しつつ、<kanbi>さんオススメの非常階段を鑑賞。アーチがいいね。



船場ビルヂングでは、



ガラス戸越しに内部を拝見。



辰野スタイルの旧大阪教育生命保険とヴォーリズ建築の日本基督教団浪花教会。



「生」の文字?



レトロではなく、どちらかというと歴史建造物の適塾から、



高麗橋野村ビル、



生駒ビルヂングをめぐり、



ファミマで昼食。
都会のコンビニでは店内にテーブルと椅子があり、貸切状態でイートイン。
「これって外食になって10%の消費税になるんかな?」
「食いモンと飲みモンが足らんかったら、すぐ買えるからええね~」

午後からは突如として歴史探訪ポタとなる。
難波宮にて食後のコーヒーブレイク。



夕凪CC喫茶部(?)の<F元>さんは、コーヒーを扱う会社を経営されていてコーヒーのプロ。今日も複雑なブレンドで美味し。

ガラシャゆかりの越中井を見学した後、



聖マリアンナ大聖堂を過ぎるたりで、



<H原>さんが、
「ガラシャの旦那さんの像です」
なんて言うもんだから、
「ちゃうちゃう、キリシタン大名の高山右近や!」
と、訂正を申し出る~(笑)

真田丸探訪。



2週間前にはなかった真田丸顕彰碑。実は除幕される前で気が付かなかった。



前回の輪音RUNでもご案内した真田ゆかりの心眼寺。





天王寺七坂に向う途中で…。



冒頭で紹介した「シンガポールあたりの怪しい東洋人」さんが近頃オープンされた居酒屋「季春」。

っちゅうことで、真言坂。



七坂で最も古い石畳の源聖寺坂。よく見ると滑り止めが施されている。



出来れば雨上りの濡れた石畳を見たかった口縄坂。



愛染坂。



清水坂から、



清水の舞台と、



玉出の滝。



天神坂を駆け下りて、



大坂の地名の由来となり、現在はR25号となっている逢坂を登り返し、



安居神社。



お参りもそこそこに、前回の輪音RUNで気になったレンガを精査してみる。
「おッ? 刻印レンガ?」



大所帯にもかかわらず行方不明者も出ず、ゴールの四天王寺に到着。



おつかれサン~!


盛り沢山なサイクリングでお腹一杯になりました。
初リーディングの<kanbi>さん、お疲れ様でした。集合が遅れたことで、さぞご苦労されたことでしょう。でも、なかなかのリーディングでしたよ。
加えて、参加者からの迫撃砲のような小ネタ披露には改めて勉強させられました。様々な観点から繰り広げられる小ネタは今後参考にさせていただきます。
夕凪CCさん、<kanbi>さん、ありがとうございました。



スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

スミだんなさん
お疲れ様でした~!!
マジで疲れました。ただでも緊張で汗だくなのにこの気温とこの服装??いや~参りました。

私のブログと比べると<す>師匠の博学が随所にうかがえますね~!流石です!!
勉強させていただきたいと言いたい所ですがやっぱり付いて行くのが楽でいいですね~!?(;^_^A)

No title

お天気良すぎで最高!
スミだんなさんの解説がGOO!
でもおバカな私のオツムにはあまり......。

安井さんちゅう方が素晴らしいアーティストやちゅうのだけオツムに入りましたデス。

No title

大阪市内は日曜なら大所帯でも
心配なく走れたようですね。

No title

船場レトロ建築めぐり、楽しく拝見しました。一度訪ねてみたいです。ルートラボありませんでしょうか?

No title

サブリーダー?お疲れ様でした。
〈す〉さんがサポートにつかれてKanbiさんも心強かったでしょうね。
というよりはメインで話しされてたんじゃないかと想像してしまいます。

No title

> kanbiさん

初リーディンぐお疲れ様でした。

まぁまぁ小ネタ披露というものは自己満足的なところもありまして~(笑)
パソコン導入以前は、わざわざ図書館に行って小ネタの下調べをしてたんですよ。
一つの小ネタを仕入れると関連ネタが拡がりますネ。

No title

> KIHARUさん

さすがに古典的ブリティッシュスタイルでは暑かったでしょうネ~(笑)
反省会で行ったお蕎麦屋さんは良かったです~(^^)♪

No title

> モゼールさん

信号ストップで途切れたり、大所帯の市内走行は大変なんですよ。
皆さん、ベテランなので知らないうちに役割分担されますね。

No title

> kanaokahondaさん

レトロ建築をめぐるなら日曜日以外がオススメです。日曜日はほとんどが閉められていて、内部を見学することができません。

裏輪音でご案内しましょうか~(^^)

No title

> ism*md*47さん

正しく、その通り!
ゲスト参加でありながら、図々しいゲストでした~(爆笑)

No title

うわあ、すてきなサイクリング!
わたしも行きたかったよー
芝川ビルのベトナム料理はとても美味しく
いただいたけど、マッサンゆかりの人とは知りませんでした。ほんとに勉強になるブログです。

No title

> hin*noy*m*さん

私も朝日新聞のコラムで読むまでは、全く知りませんでした。
小ネタ集めは勉強になりますね~(^^)
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索