fc2ブログ
 

高貴寺に集う会

高貴寺に集う会

今シーズン一番の冷え込みだそうで、お寺に向う途中の畑には霜が降りておりました。
今日のメニューは年末恒例の落葉清掃です。
山門から境内に続く参道には、掃きごたえのある落ち葉がこんもりと積もっていました。

さてさて、今年も余すところ十日ほどになりました。
「冬至十日経ちゃ、アホでもわかる」という言い伝え(?)があります。
今年の冬至は22日になりますが、その十日後というのは紛れもなくお正月なのですね。
まぁ、カシコにもアホにも等しくお正月がやってくるわけで、そういう意味でもオメデタイわけでありますね。

で、今年一年を振り返ってみるに…。

堪えがたい別れがありました。
2月に従姉が、10月に叔父が他界しました。ともに<す>を弟のようにかわいがってくれていたので辛かったです。

別れがあれば出会いもあるわけですね。
1月には<K>師匠と神がかり的な再会。
ブログつながりで一気に仲間が増えた輪音RUN。
高貴寺に関して言えば、ここで出会った<T>夫妻のイベントに参加したり、金剛山をご案内したり。

そんなこんなで人とのつながりを感じた一年でありました。
今年の漢字は「安」だそうですが、<す>的な今年の漢字は「繋(つながり)」なのでありますね。

人生半分を過ぎましたが、これからも様々な出会いと別れがあることでしょう。
そんな「繋」を大切にしたいなぁ~、と思う今日この頃でございます。






スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

廃線ツアー以来ご無沙汰しています。
スミだんな同様、やはり身内で子供の頃からの思い出が詰まっている程、後に響きますよね。
小生も5月末に母親、9月に大阪在住唯一の叔父、今月8日には父親と相次いで亡くなった為、虚しいのなんのって・・・
ただ何時までも悲しんではいられませんので、喪が明けて都合が合う様でしたら、また裏輪参加させてください。アルプス親父

No title

> hm1*7jpさん

コメントありがとうございます。

年齢とともに別れ行く人への思いは強くなりますね。それだけ接していた時間が長いというか、自分がその年齢に近づいているというか…。

まぁまぁ、年が明けると確実にまた一つ歳を取るわけで、年齢とともに加速度的に早くなる一年を持て余している今日この頃でもあります。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索