fc2ブログ
 

Tさん一家、金剛山デビューの巻

Tさん一家、金剛山デビューの巻

2015/11/22(SUN)

コトの起こりは、以前に<T>さんちにお伺いしたところ…、
「金剛山って、普通に登れるんですか?」
「ハイ、冬場はそれなりの装備がいりますが、それ以外なら簡単に登れますよ」
静岡出身の<T>さんは築120年の古民家にお住まいで、そこから見える金剛山に登ってみたいと…。
花の多い5月にお誘いしましたが、雨天のため断念。その後なんやかんやで延び延びになり、この時期のご案内となりました。


念仏坂入口から登山開始。



今回は、金剛山を熟知されている<SACHI>さんとアポが取れ、ガイドをお願いすることができました。
<SACHI>さんに導かれるまま、寺谷をたどります。



沢づたいの少しアスレチックなルートで、子供たちは元気ですが、



御年78歳の<達磨>さんにはちょっと堪えたようです。



「やったぁ~ッ♪」



っちゅうことで、本日の金剛登山隊。



曇り空だったので、眺望は少し霞んでいました。



人出の多い国見城跡を避けて、昼食場所にちはや園地を目指します。



<SACHI>さんに自然観察ガイドをしていただきました。
餌場に集まる小鳥たち。
ゴジュウカラ。
五十肩ではありません。



ヤマガラ。



普通なら見過ごしてしまいそうな…。
おちょぼ口が可愛らしいクチベニタケ。



パフパフと煙のように胞子を出すツチグリ。



すっかり仲良くなってしまった「金剛山の女神」と「金剛山の小女神(実は野生児)」。



ちはや園地でお昼。
<T>さん一家のお弁当はスペアリブ、春巻、ポテトサラダなどなど彩り満載。<SACHI>さんからは自家製アップルケーキの差し入れ。<す>は最近ハマっている塩鮭の燻製。
美味しゅうございました。



ひきつるフトモモと大爆笑のヒザで念仏坂を下山しました。


<TAKE>さん、<KOTO>さん、<SHIN>くん、<CHISE>ちゃん、初金剛山は如何でしたか?
いろいろ季節を変えて登ってみるのも面白いです。特に花が多い春、樹氷が美しい冬はオススメですよ。

<達磨>さんには敬服します。自転車でも「登坂はアカン」とおっしゃっておられますが、私が<達磨>さんの年齢になった時に、果たしてそれだけ元気でいられるかどうか…。

<SACHI>さん、花も紅葉も終わって何もない金剛山をどんなふうにご案内しようかと戸惑っておりました。寺谷ルートは初めてでしたが、好きな沢づたいで気に入りました。<SACHI>さんがおられなければ念仏坂往復で、しんどいだけの金剛山になるところでした。本当にありがとうございました。




~~~オマケ~~~
冬の金剛山では、こんなことも体験できます。
(<SACHI>さん提供)










スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

スミだんなさん
こんばんは、お疲れ様です。
楽しそうな金剛登山でしたね!

この2日間、私も久しぶりに走ったのが坂ばかり、今では筋肉痛と何故か肩こり(たぶん笠荒神からのクダリで力んだせい)に悩んでおります。(笑い)

No title

> kanbiさん

私にとって一年半ぶりの金剛山でしたが、ガイドさんや子供たちのおかげで楽しい登山になりました。

また樹氷に時期に行ってみようかと思っていますが、ご一緒にいかがですか?
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索