fc2ブログ
 

kottaman師匠からの宿題

kottaman師匠からの宿題


先日お伺いしたkottaman師匠から「なんとかならんか?」とお預かりしたのが、



SACHS HURET DUOPAR-ECOというフランス製のRD。
よく見ると不思議な構造です。
変速するために水平方向に動くパンタに加えて、ゲージが垂直方向に動くパンタがあります。





おそらくキャパシティを稼ぐための構造やと思うのですが、キャパシティ40T、使用最大歯数36Tというとんでもないワイドレシオに対応してます。
チタン製のDOUPARの廉価版で鉄製なんですが、当時8000円くらいやったかなぁ、DURA-ACEより高価だったと記憶してます。

kottman師匠とは、2年前の夕凪CCさんのクラブラン「大仏鉄道」で知り合い、たまたまその時にゲスト参加(師匠もゲスト参加でした)でありながら、コースリーダーを仰せつかった<す>のことを覚えていただいていたのでしょうか。
今年の正月に神がかり的な再会を果たし、<す>はうれしさのあまり大和川の堤防を転げ落ちてしまったのであります。
<す>よりも20歳も年上で、サイクリング歴60年という超ベテランサイクリストであるにもかかわらず、以後、親しくさせていただいています。

さてさて、その師匠からの宿題というのは…、



ツメが折れています。
ユーレーのエンドは特殊な形状をしていて、現行で使用されているカンパタイプのエンドに対応していません。それに対応させるためのツメです。これが折れていると、チェンテンションに負けてRDが固定できません。

「だめもとでエエで」
「溶接すればなんとかなると思います」

取り外せれば新たにパーツを加工すれば良いのですが、カシメてあるのか外せません。
折れた部分の厚みは2mm。溶け込みの良いステンレスを5×5mm角に切って、慎重にアルゴン溶接で修復します(自撮り)。



ヤスリとスコッチブライトで仕上げて出来上がり。



取り付け角度と強度を確認するために手持ちのフレームに取り付けてみましたが、特に問題はなさそうです。
スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

スミだんなさん
おはようございます。いい仕事してはりますね~!
さぞかしkottaman師匠も喜んでおられる事でしょう‼︎

ネジの部分は何かでマスキングされたのですか?
流石プロの仕事です‼︎

No title

す さん
自転車が取り持つご縁でお知り合いになり、有難い限りです。これからも夕凪、輪音、よろしくお願いいたします。M田

No title

おー、無事にミッションをクリア!
これを治してどれにつかうのでしょうね?
とにかくご苦労様でした。(笑)

No title

ス師匠は鍛冶屋さんだったんですね。
ザックスって90年頃でしたか?
ちょうどその頃のパーツの事がわからないんです。

No title

> kanbiさん

アルゴン溶接なんでバチバチと火花が出ず、スパッターも飛ばないので、マスキングは不要です。電流が強すぎると本体を溶かしそうなんで気を使いました。

No title

> nma*d*10*さん

常々思うんですけど、自転車に乗ってるという共通点だけで親しくなってしまうというのは、サイクリストって不思議な人種ですね。

No title

> KIHARUさん

「穴を開ける」、「削る」の他に「溶接する」というのが得意技です。
サンプレ用に削ってしまったエンドを溶接で肉盛して、カンパエンドに復活させたこともあります。

No title

> にもさん

土建屋から転身した機械屋です。

90年頃はブランク中で私も詳しくないのですが、Wikipediaによると…、
80年代後半、ユーレーはセディス、ハブ、マイヨールなどとともにザックスに買収され、
97年にザックスがスラムに買収され、ユーレーのブランドが消えてしまったそうです。

No title

初めまして。

いい溶接機をお持ちで羨ましい限りです。
私も設備があれば一通り溶接はできるんですが、やはりアセチレンガスでのロー付けができるといいですね。
ユーレー・サクセスドッパーをミドルケージに改造して使ってます。なぜあんなロングケージなのかよくわかりません。

No title

> 輪行菩薩さん

友人のブログでは時折、お名前を拝見しておりました。コメントをいただいてうれしいです。

この溶接機は勤め先のもので、昼休みの「内職」です。
ロウ付けもやったことがあるんですが、どうも火を入れすぎるみたいで、一向に上手くなりません。

「ぶら下がってる」というイメージが強く、ロングゲージがあまり好きでなくて、私の愛車は全てショートゲージです。
ランドナーにしても42×26、12~22をサンプレ・クリテでカバーしてます。

No title

溶接ができるって素敵です。家でもできたら、キャリア自作とかしたいです。
ロングケージといえば、昔、○ヤタ(消火器の)の特許でトライプーリーなるものがありまして、ショートケージ下のプーリーの前にもう一個プーリーを足してキャパシティを稼ぐ物でした、私も真似て改造しましたけどチェーンの長さを変えずにキャパシティを稼げたので重宝しました。

No title

> くろちゃんさん

仕事の合間の内職でサドルバッグサポーターやフロントバッグサポーターを作りました。パイプベンダーがないのでステンレスのムク棒で…。ランドナーに使ってます。

トライプーリーはカワムラの特許やったと思います。現物は見たことありません。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索