fc2ブログ
 

自転車博物館 自転車散歩 (2013/05/05)

自転車博物館 自転車散歩 (2013/05/05)

毎回人気の自転車散歩。今日もスタッフを含め30名以上が参加です。
 

 
ある方が乗ってこられたロード。カンパ・レコードフルセットも魅かれるトコロなのだが、すごいのはフレーム。プロのビルダーでない方が作られたそうだ。
自転車のパイプというものはかなり薄く、特に軽いものになると肉厚が1㎜以下。それをラグという継ぎ手を使って、ロウ付けして作っていく(ラグのないものは「ラグレス」という)。で、何が難しいかというと、金属は熱をかけると歪(変形)が生じる。一般に熱せられたところが冷めると縮み、薄い部材ほどその歪が大きくなる。
ロウ付けは、くっつけるだけなら少し練習すればできるであろうが、問題はその付け方。難しい温度管理もあるが、できるだけ低い温度で手早くしなければならない。モタモタしてるとどんどん熱がかかって歪が大きくなるし、かといってあわてるとロウが十分にまわらない。
難しいのはロウ付けだけでなく、フロントフォークの曲げ、チェンステイの潰し、それにパイプの接合箇所は言うに及ばず、ラグ、エンドといった小物も丁寧にヤスリで仕上げなければまともなフレームは出来上がらない。
世の中で名ビルダーと呼ばれる人はこの辺りの仕事が非常にに丁寧で、中には「伝説のビルダー」と呼ばれる人もいる。N井サンの自転車は、この「伝説のビルダー」の手によるものだ。
旧くからのサイクリストはきれいな自転車を見ると、「どこのフレームですか?」と尋ねることがある。それだけフレームというものは他のパーツと違い、作り手の魂が入ったものなのである。
そんなことを普通の人がやってしまうなんて、自作の極致と言えよう。
 

 
あっ、今日行ったのは水賀池。ツツジがきれいでした。
昼食に沼田屋のカレーうどんを食って、午後からはミューズの安全講習会。最近<す>の周辺では車止め激突事故が多発しているので、ここでも一節言わせていただきました。
皆さん、事故には十分注意してサイクリングを楽しみましょう。ご安全に
 
 
スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

一番前の右側の人、初参加だったけど楽しかったって、メールくれました。また来てくれるといいですね。

ミューズのスカウト担当

No title

女子はバンバンスカウトして下さい
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索