fc2ブログ
 

大阪市内七福神めぐりポタ

大阪市内七福神めぐりポタ

2015/01/25(SUN)
 
輪音ランです。1月は吉例の大阪市内七福神めぐりです。
各方面への告知がたたり…、否、功を奏して総勢20名の大所帯となりました。これだけの人数を引っ張るのは久し振りで、少し緊張の面持ちで走り出しましたが…。
 
 
大阪国際女子マラソンで賑わう長居公園をスタート。
そのまま走ってしまうと半日くらいのコースなんで、あちこちで小ネタをはさむ。
 
股ヶ池(ももがいけ)明神。
<す>のご先祖かどうかはわからないが、同姓の人物が二大竜王をお祀りしたという。
 

 
かつてこの辺りにいた怪物を鎮めたもので「おろち塚」と呼ばれる小さな境内には、白蛇が写し取られたような石が鎮座している。
 
昭和町交差点近くの阿倍野長屋をご案内。
 

 
庚申街道に移動して「さっちゃん」歌碑。
 

 
天王寺から熊野街道を北上し、上汐1丁目の交差点を東進。
 
真田幸村が戦勝祈願したという鎌八幡。
それにしても20台の自転車って…。
 

 
…などなど、新小ネタを交え、やっとのことで本題の七福神めぐりにはいる。
 
三光神社(寿老人ー富貴長寿)。
ここでは相撲部屋の親方たちが寄進した戦災鳥居、真田の抜け穴、軍人墓地をご案内。
小ネタ披露に気を取られて、写真を忘れた…。
 
もと来た道を戻り、近松門左衛門のお墓をご案内の後、長久寺(福禄寿ー延命長寿)。
 

 
続いて、法案寺(弁財天ー知恵財宝)。
 

 
日本橋のど真ん中にある、大乗坊(毘沙門天―金銭融通)。
 

 
…とまぁ、順調に車輪を進め、いつもの王将で昼食を済ませ…。
 
七福神には関係ないけど、やっぱりここは外せない。
難波八坂神社で、本日参加の面々。
輪音新メンバーに加え、夕凪サイクリングクラブ、南大阪ぽたりんぐ倶楽部、ミューズサイクリングクラブと各方面から多数のご参加をいただいた。
 

 
大國主神社(大黒天ー福徳開運)。
 

 
「『種銭』ってなぁ~に?」
様々に披露する<す>の小ネタでは、いつもは質問は一切受け付けないのだが…。わからないままでは悔しいので調べてみた。
お種銭(おたねせん)とは、
「お金の元(種)になる一円玉と金色の神様の像が包まれた御守りで、財布や金庫に入れておくとお金が増える」
とか…。
 
そんなこんなで、今宮戎神社(恵比須ー商売繁盛)。
 

 
「えべっさんは七福神の中で唯一、日本の神さんである」とおっしゃる方に怪しい記憶で答えていたが、やっぱり悔しいので調べてみた。
恵比須とは、
「古事記によると、イザナギ、イザナミが最初に生んだ子供は不具の子(蛭子)であったため、葦の船に入れられ海に流されてしまったそうな。
流された蛭子神が流れ着いたという伝説は日本各地に残っており、また沿岸地域では漂着物を『エビス神』として信仰するところが多く、やがて『蛭子(ヒルコ)』が『エビス』と同一視されるようになり、祭神として祀られるようになった」
ということらしい…。
 
よしよし、この二つは来年の小ネタにしよう。
 
四天王寺に向う途中で、安居神社に寄り道。
 

 
真田幸村戦死の地として有名であるが、幸村を討取ったのは身分の低い足軽のような武士で、幸村の首を家康に献上した際、「お前のようなものに幸村を討てるはずがない」としばらく信じてもらえなかったらしい。
 
…っちゅうことで、ゴールの四天王寺(布袋尊ー笑門来福)に到着。
 

 
「家に帰るまでがサイクリングです」といういつものシメで解散。
 
解散後はこれまた吉例のマラソン観戦。
 

 

 
  
無風の晴天で、絶好のサイクリング日和でした。
何よりも、大所帯にもかかわらず、参加していただいた皆様のおかげで、事故なく楽しく走れたことにお礼を申し上げます。ありがとうございました。
今年も輪音は、こんな感じでユルユルと走って参ります。
相変わらず<す>の気紛れなご案内となりますが、またお越し下さい。
スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
あの日。。。  ←あの日。。。 【2015年01月】の更新記事一覧 →アホ犬日記  アホ犬日記
 

~ Comment ~

No title

スミだんなさん、大所帯のナビお疲れ様でした。
大阪に住んでいながら、案内された所がほとんど初めてだったように思います。楽しませていただきました。

中でも七福神とは別で小ネタ?の鎌八幡さんの印象は強烈でした!
また機会があれば参加させて下さい。
お世話になりました、ありがとうございました。

No title

夕凪のMさんも参加されてたんですね?
Hさんも?

天候に恵まれ楽しい1日を過ごされて何よりです。

No title

スミだんなさま
昨日はお世話になりました。コネタの数々には、参加料払っても良いほどのガイドツアーでした。解散後カンビさんが行ったことが無いと云うことで、愛染さんと玉出の滝を案内してから帰りました。またよろしくお願いいたします。M田

No title

> kanbiさん

おつかれサンでした。
本題なんだか寄り道なんだかワカラナイ、アレコレと講釈が多い。これが「<す>的(スミだんな的)なサイクリング」です。
これに懲りず、また遊びに来て下さい(^^)//

No title

> KIHARUさん

そうなんですよ、M田さんが来てくれたのはビックリでした。
その内、kottaman師匠もお誘いしたいですね~。

No title

> nma*d*10*さん

以前の七福神では愛染さんも玉出の滝もご案内してたんですよ。今回は多人数なんで割愛させていただきました。
いつでも遊びに来て下さい。お腹いっぱいになる小ネタを用意して、お待ちしております。

No title

昨日は楽しませて頂きました!ありがとうございました

南大阪ぽたりんぐ倶楽部を代表してお礼申し上げます♪

しかし…あのしゃべりは真似しようと思っても一朝一夕には出来ません...流石でした<(_ _)>

No title

> kei@sakaiさん

たくさんの南ぽたメンバーをお誘いいただき、ありがとうございました。

しばらく輪音に通っていただければ「しゃべり」の極意を伝授いたします。

「しゃべり」のためのその1。
あらゆる手段を使ってネタを仕入れるべし。
仕入れた小ネタをもとに私見を交え、さも本当のように語るべし。
「しゃべり」のためのその2。
いかなる質問も受け付けべからず。他言無用を旨とし、ネタを展開すべし。
「しゃべり」のためのその3。
あまり派生しすぎると「詐欺師」と呼ばれるので注意すべし。

ってとこですね~。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索