fc2ブログ
 

スミCOOK(#54)

スミCOOK(#54)

キュウリとショウガの和風冷製スープ
 

 
絶対に必要なもの:キュウリ、ショウガ
 
1.キュウリは皮をまだらにむき、一口大の乱切りにする。ショウガはおろしショウガと針ショウガにする。
2.沸騰した鍋にキュウリとおろしショウガ、顆粒だしの素(いりこ)を投入し煮る。
3.キュウリに火が通って柔らかくなってきたら、一旦火を止めて、針ショウガ、出汁醤油、水溶き片栗粉を投入し、点火。
4.片栗粉に十分火を通してトロ味がついたら、火を止めて溶き卵を投入する。
5.粗熱を取って、冷蔵庫でキンキンに冷やして出来上がり。
 
通常はトウガンで作るのですが、お手軽にキュウリで作ってみました。
おろしショウガでキュウリを煮ることで青臭さを取り、後に投入する針ショウガで食感と風味を味わいます。
ショウガは加熱するとナントカという成分がナントカという成分に変わるらしいですが、難しいことは考えずにウマければ良いのです。
出汁醤油は加熱しすぎると苦みが出るので、仕上げに使用します。今回は小豆島の友人が送ってくれた「金両」の出汁醤油を使いました。
TVの料理番組で知ったのですが、メインが野菜なら動物系の出汁(カツオ出汁等)、肉や魚なら植物系の出汁(コンブ出汁等)を使うと良いそうです。
 
スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

『通常はトウガンで』って・・・・
トウガン、昨日使い切ってしもたー!(´Д`)
そぼろあんかけと薄く切って炒め物に使っちゃいましたw
あ、でもきゅうりはあるから作ってみようかな?

ただ、トウガンのそぼろあんかけもそうですけど、片栗粉でとろみをつけても、キンキンに冷やすととろみがなくなっちゃうんですよ。何でかな? 食物科出身なのにわからない~!くやし~い!

No title

大日如来さん

レシピの4に注目!
片栗粉に十分火を通して下さい。
温かいあんかけでも、食べてるうちに冷めてくるとトロみがなくなってシャバシャバになってしまいうのは、火の通しが足りないからです。

土木科出身で、なぜか飯場のまかないもやっていたのだァ~(^^)!!

No title

そうなんですか!
なんかいつも片栗粉を入れると焦げるのが怖くて、とろみが付いたらすぐ火を止めてました!

う~ん、おそるべし! 土木科!(笑)

No title

焦げるのが怖い時は、一旦火を止めるか、鍋を火からおろして下さい。片栗粉が十分に混ざったら再び火にかけると、焦がさずにとろみをつけることができます。
この「一旦火から離す」系の余熱を利用するテクニックは、かなり有効ですよ。
今回も火を止めてから溶き卵を投入したので、フワトロに仕上がりました~(^^)b

No title

すごい!
本物の料理人みたい!

No title

MOMOさん

料理って理科の実験みたいで、面白いです~(^^)b
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索