fc2ブログ
 

多田銀山 (2014/05/18 SUN)

多田銀山 (2014/05/18 SUN)

輪音RUNです。
今回は猪名川町の多田銀山をご案内しました。
 
 
10:30、集合場所の日生中央駅にやった来たのは<I>さん。
登坂を避けるためにこの駅を集合場所に選んだのだが、<I>さんは伊丹の駐車場に車をデポして、そこから走って来られたそうだ。
「乗り換えが面倒で、一番安い駐車場が伊丹やったから…。」
おつかれサン…。
コンビニで弁当を調達して、オッサン二人で走り出す。
 
本当なら、築100年の酒蔵を改装したカフェ「K’s deli」のオープンテラスで、オシャレなランチをいただくつもりだったが、残念ながら閉店されてしまった。
せっかくなんで、寄り道してみる。
一時は予約しないと入れないような人気店だと聞いていたのに…。
 

 
仕方がないので紫合まで戻って、新興住宅街の幹線道路を行く。
この「新興住宅街の幹線道路」っちゅうのが曲者で…。
大概の場合、新興住宅街というのは日当たりが良くて見晴らしのいい高台に住宅及び生活関連施設が建設され、そこに向う道路は必然的に登坂となる。
他所者の我々にとっては、無駄な登坂だ。
 
ひと山(?)越えて、ようやく銀山口のバス停から田舎道に入る。
悠久の館で銀山の予備知識を頭に、オニギリをお腹に入れる。
 

 
多田銀山は奈良時代から銀や銅が採掘され、東大寺の大仏鋳造にもここの銅が献じられた。その後、豊臣秀吉により銀山が盛大に開発され、「天下の台所」の台所事情を支えた。
<す>は駆け出しのサイクリストであった高校時代に、ダートの林道を求め何度か銀山を訪れたことがある。その時は、こんなに整備されていなかったなぁ。
 
悠久の館の川向かいにある代官所跡。
 

 
明治40年ごろに設置された精錬所の機械選鉱場、選鉱機械基礎遺構。
 

 
横の遺構には、お馴染みのキシレンと、
 

 
大阪窯業の刻印レンガ。
 

 
代官所跡の石積みには「大金」と書かれた石。
「大金間歩」と呼ばれた坑道の入り口にあったらしい。「間歩(まぶ)」とは坑道のことで、「ねじりまんぽ」なんかの「まんぽ」の語源となっているらしい。「マンホール」と言葉の感じが似ている。
 

 
鉱山には必ず祀られている金山比古神社を経て、
 

 
「青木間歩」。
本日の洞窟ハンター、<I>さん(趣味:蕎麦打ち)と<す>。
 

 
坑内は、こんな感じ。
 

 
偶然出逢った地元ボランティアガイドのオバチャンの話では、かつてこの辺りは火山地帯で、銀山地区は佐曽利カルデラと呼ばれる外輪山の端にあたるらしい。
「堆積岩と違って火成岩は高熱と大きな圧力が加わるため、こんな鉱石が形成されるのですね」と石英斑紋岩を示しながら説明してくれた。案内看板によると鉱石の生成時代は白亜紀後期から末期(約6400万年前)だという。
 
これが銀の鉱脈!!
 

 
機械化されるまでは、人が掘っていたわけで…。
手掘り坑道の跡。
 

 
ここで川遊びするガキンチョたちと遭遇。
 

 
「砂金でも採ってるんか~?」
「魚です」
「魚なんか取らんと砂金探さんけ~」
「コレ見て下さい」
「???」
「製錬後の鉱滓です。表面でキラキラしてるのは、不純物となる金属です」
「!!!」
「水晶なんかも採れます。あ、これはクジャク石。青いのもあります」
「!!! more !!!」
 

 
鉱物に詳しい上に言葉遣いができている。感心するオッサン二人…。オマエらタダモンやないな!
 
「ブログに載せるからな~」
「ありがとうございます!」
 
しっかりとしたガキンチョたちに別れを告げ、先を目指す。
多田銀山は、昭和48年まで日本鉱業多田鉱山として採掘が行われたが、鉱量枯渇により閉山。
そういえば、かつてここを訪れた時、建物が残っていたような気がする。
 
その事務所跡近くの大露頭。鉱脈が地表に現れたところ。
 

 
豊臣政権下、大坂城の台所費用(経済)を賄っていた「台所間歩」。
 

 
山中にはこんな坑道や竪坑が点在している。
 
同じく豊臣時代に大繁栄した「瓢箪間歩」(千成瓢箪は秀吉の馬印)。検分に来た秀吉が馬に乗ったまま坑内に入ったというほど大きかったとか。
 

 
古い街並みを引き返し、銀山を後にする。
 

 
県道12号に出て、川西市に入ったところから猪名川沿いの快走路。
 

 
多田神社前を通過し、
 

 
R173を少し北上。
 
「三ツ矢サイダー発祥の地」
江戸時代に「摂津三湯(箕面、摂津渓、平野)」の一つ「平野湯」として栄え、明治になって鉱泉工場が進出。明治14年、政府により招聘された英国人ガランによって、飲料水に適していることが確認された。明治17年に我が国最初の飲料水工場が誕生し「平野水」を生産。大正4年に「三ツ矢」という商品名になった。
大正天皇が皇太子時代に御用とした「御料品製造所」(奥の建物)は、明治45年築。
以前は近くまで入れたのだが、現在は金網で閉鎖されている。
 

 
源泉井戸?
 

 
あとは<I>さんの車がデポしてある駐車場までひとっ走り。
自走で帰るつもりだったが便乗させていただき、エアコンの効いた車内で帰途に着く。
 
 
いやはや、オッサン二人の珍道中でした。
<す>としては、オネイサンとのペアランが良かったのですが…。
<I>さん、アリガトサン&おつかれサンでした。 
スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

サイクリングに洞窟探検に石探しと水遊び。
子供のころ大好きだった遊び三昧ですね。
読んでる時『何ニヤニヤしてんの?』って家族から言われました。そんな顔になるツボネタでしたよ。

No title

そんな少年がいると、日本の未来は明るいかも、とうれしくなりますね。
電車ではなく、車で行くというのはいい方法やなー。安い駐車場チェック!

No title

にもさん

ツボにハマりましたか(^^)
このガキンチョたちも隣町から自転車で、ひと山越えてきたそうです。
こんな遊び場が残っているなんて、うらやましいです。

No title

MOMOさん

ホンマにしっかりとしたガキンチョたちでした。
うっかり子供に声掛けると不審がられたりする昨今ですが…。

No title

多田銀山に1度行きたいです。私は滋賀で、水晶、トパーズ採取に励んでます。良かったらヤフーブログの鉱物大嫌い!検索してくださいね。

No title

クロスさん

ご訪問、ありがとうございます。
ブログを拝見させていただいたところ、かなりの強者とお見受け致します。
私は鉱物に詳しくありませんが、残念ながら多田銀山は、ほとんどが私有地となっており鉱石の採取は禁止されております。ガキンチョが遊んでいた川でも石英が出る程度で、クロスさんが期待しているような水晶は出ないようです。
でも、気持ちの良い里山なんで、何かついでに行ってみて下さい。良いところですよ!
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索