fc2ブログ
 

金剛山 花紀行 その2

金剛山 花紀行 その2

っちゅうことで、ちはや園地内の高台でお昼。
今回ご案内下さったSACHIさんは「金剛山はワタシの恋人~♡」というくらいに金剛山に精通しておられ、葉っぱを裏返しては花の種類を確認して説明して下さった。
また音楽もされていて、ひげさんから進呈されたケーナを一発で音出し。
 

 
で、当のひげさんはというと…。
ケーナの練習が過ぎて、下唇に絆創膏。
 

 
キャンプ場を一回り。
 
ツクバキンモンソウ。
 

 
ユキモチソウ。見たこともない!!
 

 
シロバナエンレイソウ。
 

 
エイザンスミレ。小学校の頃、顔に似合わず「スミレチャン」というあだ名だったことを思い出した。
 

 
シラネアオイの群生。
 

 
ヤマザクラと
 

 
ブナの新緑が美しい。
 

 
「三日前に開花しました! この花を見ると幸せになれます!!」というSACHIさんとっておきの白いカタクリ。
ワタシャ、今日ここに来られて十分幸せだよ~ん。
 

 
転法輪寺へ戻る。
 
樹齢300年超のシダレザクラ。
 

 
タカハタから松ノ木坂へ。
 
チゴユリ。
 

 
フデリンドウ。つぼみが筆の形をしているそうだ。
 

 
なぜか8割がた登山道からそっぽを向いているというマムシグサ。
 

 
別名ウラベニイチゲと呼ばれるイチリンソウ。イチゲとは一株に一輪だけ花を咲かせる植物らしい。
陽に透かしてみると花びらの裏側が一片だけピンク色。
 

 
無事、駐車場に下山。
 
 
あぁ! 楽しかった!! 
SACHIさん、知らない花や知らないルートをご案内いただいて、ありがとうございました。
幸せ一杯花いっぱい、改めて金剛山が好きになりました。
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

今日は楽しい一日をありがとうございました。

沢山のお花を撮られて、しっかり名前をメモされて!
ただ、一つ惜しいですね~。
最後から3番目のお花は「フデリンドウ」です。
蕾が毛筆の筆の先のような形をしているんですよ。
それからイチリンソウは、正式名が「イチリンソウ」で、別名を「ウラベニイチゲ」と言います。

また、金剛山の可愛いお花たちを見に来てあげて下さいね(*^_^*)

No title

SACHIさん

早速のご訪問、ありがとうございます。
やっぱり間違ってましたね。訂正しておきまぁ~す。

No title

うわあ、すごい!
立派な先生がついていてくれたとはいえ、こんなにたくさんのお花の名前を覚えているなんて…! 花丸ですね。
6日は、スマホを持って、このブログを図鑑がわりに、金剛山に登ってきます。

No title

MOMOさん

金剛山はあなどれません!!
どれも小さな花なんで見逃さないように。
幸せの白いカタクリの場所は説明しにくいんですが、ユキモチソウは、ちはや園地のキャンプ場の中にあります。根気よく探してみて下さい。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索