fc2ブログ
 

す的なボラボラポタ (2014/04/26 SAT) 

す的なボラボラポタ (2014/04/26 SAT) 

休日なら高貴寺の弁財天にお参りすると言っておきながら、あまりに上天気なんでボラボラポタリングに出かけました。
こんなコトでは弁財天のご利益には、あやかれません。(蚊帳はつれますが…落語『子ほめ』より)
 
八尾空港の横をすり抜け、通行量の多い旧中央環状線から穴太神社(聖徳太子の母、間人穴太部皇后の生誕地)や鏡神社(神功皇后が三韓より凱旋した時に鏡を埋めたと伝えられる)に寄り道しつつ府道21を北上。旧三洋電機を過ぎてしばらく行くと御領にたどり着く。
 
この辺りは古代に河内湖という難波津から入り込んだ内海をもととする低湿地帯のため、井路という用水路が張り巡らされており交通の手段として三枚板と呼ばれる農業用田船が使われていた。その船から物資を直接出入りできるような段倉と呼ばれる倉が残っている。
 

 
一路、門真へ。次のポイントを探す。もしや、あの水路に…。
キーポイントとなる三島神社。天然記念物の薫蓋樟。樹齢1000年を超す巨木。カメラに収めきれない。
 

 
この辺りも低湿地帯でかつてはレンコン栽培が盛んで、それをつなぐために水路が発達している。砂子地区は桜の名所。
 

 
名残の桜を発見。
 

 
で、目的のものは見つからない。
水路沿いでなぜか酒盛りしている数名のオジジに訊ねてみる。古いものはオジジに訊くのが一番。
「ん~、弁天池にあるなぁ~。復元されたもんやケド…」
詳しい場所を教えてもらって、弁天池公園へ。
 
あったぁ~ッ!!
「バッタリ」と呼ばれる木製閘門。河川から引かれている水路に船を入れるために水位調整をする。
 

 
園内でオッサンに訊く。
「現存しているものはないのですか?」
「三島から砂子の水路にあるかも知れない。底に沈んでるかも知れんけど…」
「今、そこから来たんですけど…」
 
っちゅうことで引き返す。
ただ引き返すのは面白くないので、遠回りして萱島駅へ向かう。
おおっ、こんなところにウンコちゃん。「ニトリの帰りはウンコちゃん」というのが謳い文句らしい。
 

 
なんで萱島駅なのかというと、この巨木が見たかった。
プラットホームをぶち抜くクスノキ。推定樹齢700年。
 
 

 
砂子の水路に戻って…。
先ほどのオジジ達がまだ酒盛りしている。
「見つかったかぁ~?」
「ハイ! ありがとうございました!!」
橋の下や水路の底を丁寧に探索するも「バッタリ」の形跡は見つからなかった。
 
稗島の樟にも立ち寄る。推定樹齢400年。個人宅にある。
 

 
天気が良いのでコンビニで弁当を買って、鶴見緑地でお昼。
 
鶴見通を西進する。
桜小橋の交差点から脇道に入る。ここは、かつての浪速鉄道路線跡。
 

 
浪速鉄道は、関西鉄道~国鉄へと変遷をたどる。
 

 
す的なボラボラポタでは、レンガは外せない。
淀川(現大川)・桜宮橋梁の橋台。手前はフランス積みで奥はイギリス積み。
 

 
イギリス積みの橋台によじ登ってみる。
でたっ! 刻印煉瓦。
日本煉瓦の「四花弁」。「壹」ってなんやろ?(第一工場と第二工場があったらしい)
 

 
キシレンの「セントアンドリュークロス」
 

 
ウ~ン、これは?
 

 
対岸側も気になるので行ってみた。フランス積みの橋台。
 

 
泉布観。1871年に造幣寮(現造幣局)の応接所として建てられ、明治天皇によって「泉布観」と名付けられた。「泉布」は貨幣、「観」は立派な館を意味する。
 

 
旧明治天皇記念館正面玄関。日本の近代建築の黎明期を飾る建築として、泉布観と同様に貴重である。
 

 
桜宮橋。通称「銀橋」と呼ばれるセンターヒンジを持つ3ヒンジアーチ橋。
手前の階段塔とともに、武田五一が意匠設計。
 

 
そのまま大川を下る。
 
オブジェではなく、ちゃんと生きている。
 

 
福沢諭吉誕生のニュースは朝日放送で全国に知らされた??
 

 
最終目的地を目指す。
 
新なにわ筋近くの春日神社。
小さなお社があるだけの神社なのだが、今の時期、切っても切れない花があるノダ。
福島区野田・玉川付近は大阪湾に面した湿地帯で、温順な気候に恵まれあたり一面に藤が咲いていたそうなノダ。
室町幕府二代将軍・足利義詮が住吉詣での途中にこの地を訪れ「紫の 雲とやいわむ 藤の花 野にも山にも はいぞかかれる」と詠んだノダ。また後には、豊臣秀吉が藤見物にも訪れたというノダ。
「吉野の桜 野田の藤 高尾の紅葉」と童歌にも歌われ、江戸時代には藤の名所として全国に知られるようになったノダ。
かくして「野田藤」は日本のフジの標準和名となったノダ。
 
かつて植物学者の牧野富太郎氏も訪れたという藤棚なノダ。
 

 
春日神社の藤は、まだまだこれからといったところなノダ。
 

 
近所の保育園からは、藤の花のほのかな香りがただようノダ。
 

 
全体に文章が「ノダ」系になったので、ぼちぼち帰るのだ。コレデイイノダ。
 
 
特にこれといったテーマもなく、相変わらずのゴッチャ煮的なポタです。
でも、弁天池公園で「バッタリ」を見つけられたのは、弁財天様のお導きだと思います。
来年は、ちゃんとお参りしよ!
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

こんにちは。
ウンチクが素晴らしいです。よく御存じですね。
勉強になります。

No title

私も水郷を訪ねて鴻池新田辺りを散策したことがあります。
探ってみると東大阪や大東市あたりもオモロな所がけっこう残ってますね。

No title

KIHARUさん

案内看板も写真に撮って、ブログを書く時の参考にします。浅い知識で私見も入っているので、他言無用でお願いします。それとご質問は受け付けません…(笑)

No title

にもさん

バッタリは以前のにもさんのブログを参考にさせていただきました。
第二京阪道路ができて門真南部の様相が一変し、ウロウロしてしまいました。

No title

盛りだくさんなポタでしたね~
セブンイレブンでコーヒーを飲もうよ、パンを買おうよ、などとわがままいう人もいないからなあ・・・

No title

MOMOさん

正解!! 勝手気ままに走れるのがソロの魅力なんですが、話し相手がいないのがねェ~…。
だから、オジジに話しかけたりするのですが、なかなかオネイサンには話しかけられましぇん。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索