fc2ブログ
 

岸和田海手ポタ (2013/10/14 MON)

岸和田海手ポタ (2013/10/14 MON)

ミューズクラブランです。
今回は<す>が主宰している「輪音」のフィードバックということで、岸和田のワダさんが企画アップして下さいました。
「輪音(わおん)」というのは…、
数年前に自転車博物館のイベントにお邪魔した時に、「走りたいけど、どこ走っていいのかわからない」というビギナーさんに、「ぢゃ、一緒に走りましょう!」と声掛けしたのがきっかけです。その年の忘年会でカラオケに行ったことから勝手に「輪音」と名付けました。
で、「超個人商店的な『輪音』ではできないことを」という思いから自転車博物館に「友の会ってどぉ?」と提案したのが、ミューズサイクリングクラブ設立のきっかけの一つです。
 
そんなこんなで、総勢18名の参加。
絶好のサイクリング日和の春木川を行く。
 

 
兵主神社を経て、弥栄神社。
弥栄神社は、NHK朝ドラ「カーネーション」のロケ地。
 

 
紀州街道に出て、だるま堂。「豆板」は豆を砂糖で固めた岸和田スイーツ。
 

 
キシレン工場跡。明治初頭から大正にかけて、岸和田は国内有数のレンガ生産地だった。創業当時はキリスト教を経営理念としており、トレードマークの「×」印はセントアンドリュークロスを表している。
 

 
寺田酒造(本日休業)。江戸時代に建てられた元醤油醸造所。例にもれず、この寺田さんも「寺田紡績」のご親戚。
 

 
泉州春木港。♪ヨ~ホホイ~、ヨ~ホホイ~、ア~アア~♪(鳥羽一郎)
 

 
ベイサイドモールでお昼。
 

 

 
それにしても、エエ天気やねぇ~。
 

 
「輪音」のコンセプトは、「いつでも どこでも だれとでも お弁当持って 自転車遠足」。
グルメランチも良いが、原点に戻って究極の手抜き弁当。
 

 
岸和田商店街へ、途中で見つけた「壽屋結納店」。店先の翁と媼が目を引く。
 

 

 
再び紀州街道へ。敵の侵入を防ぐために鍵型になっている。
 

 
蛸地蔵。
岸和田城主の和田家(岸の和田さんやから『岸和田』なんだって)と根来・雑賀連合軍の戦いの折、劣勢の和田家をタコに化けた地蔵菩薩が助けた。
地蔵堂としては、日本一の大きさ。
 

 
最寄の蛸地蔵駅は大正14年築。タコ伝説を表すステンドグラス。
 

 

 
だんじり発祥の地、三の丸神社。
 

 
自泉会館、昭和7年築。寺田紡績創業者、寺田甚与茂の偉業を記念して建てられた。
コンサート中で内部は見れず。
 

 

 
岸和田城へ。
ちょっと場違いな感じもする観光交流センターのジェラート。3種類をお好みで盛り付けてくれる。300円也。売れ行きの悪そうなラムネをリクエストすると目一杯に詰めてくれた。
 

 
「ジェラートおいし~」の美女たち。
 

 
記念撮影後、三々五々、帰路に着く。
 

 
お疲れサン。
 
 
解散後、岸和田商店街にあるレトロ建築を探索してみました。
近畿大阪銀行・旧交野無尽金融株式会社、昭和初期築。
 

 
西田クリニック、大正中期築。拡幅工事に伴い縮小。再改修時に設置された「だんじりからくり時計」は、1時間ごとにだんじり囃子が奏でられます。
 

 
 
<す>にとっては「ミューズ」も「輪音」も同じ並びで、メンバーも重なっています。
でも、大企業的な「ミューズ」より自営業的な「輪音」の方が、お気楽でイイやァ~!!
スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
福のコト  ←福のコト 【2013年10月】の更新記事一覧 →十三夜  十三夜
 

~ Comment ~

No title

お疲れさまでした。案内と解説ありがとうございます。
さすが、訪れた所がきっちり写真と説明文になってますね。ブログで復習させてもらいました。
この次は、カラクリ時計とちゃんちゃんですね。

No title

MOMOさん
岸和田にもレトロ建築が数多く残ってるみたいです。からくり時計とちゃんちゃん、それにオバチャンがやってるカシミン焼きで裏輪音狙ってます。
もちろん仕上げは岸和田城のジェラートで!!
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索