fc2ブログ
 

高野山RUN (2013/09/23 MON)

高野山RUN (2013/09/23 MON)

ミューズクラブランです。今回は、岸和田のワダさんのシリーズ企画「峠を越えて行こうよ」の今シーズンラストランです。R370~九度山~県道102(丹生川沿い)~R371で高野山を目指します。
 
 
橋本駅まで輪行。乗換の河内長野駅でこうや号をパチリ。子供の頃、親戚のオバチャンによく見に連れて行ってもらったが、乗ったことはない…。
 

 
最近<す>のまわりでは、坂上りが静かなブーム。今日も女子を含め15名+伴走車1名が集まった。<す>としては、できれば坂は避けて通りたいのですが…。ついて行けるやろか…。
橋本駅から通行量の多い国道は<す>が先導を預かる。先日のこともあるので、慎重に車列を引っ張る。赤瀬橋でお役御免。
ここから丹生川沿いにフリー走行。
 

 

 

 

 

 
渓谷をたどる気持ちの良いルートだが、途中のキャンプ場で…、
オッチャン&オバチャン「どこまで行くの~?」
我々「高野山で~す(^_^)」
「この間の台風で通行止めやで~!!」
「じぇじぇじぇ~(*_*)!!」
2日前の観光協会への問い合わせでは「大丈夫」とのことだったらしいが…。
急遽、宿温泉にTEL。「自動車は不可、自転車なら何とか通れなくもない」との返事。
全体会議。
と、前方から下ってくるサイクリストが一人。
「どうでしたか?」
「通行止めの看板のところで引き返したので、先のことはわからない」
 
さほど議論する余地もなく、
「行くだけ行って、アカンかったら戻ったらエエやん」と全員一致。
この非日常的にとんでもないアッケラカンとした冒険心!! これだからサイクリストという人種は…。
あとは、ご覧の通り。
 

 

 

 

 

 
こんなところで「担ぎの父」になるとは…。
斥候部隊として<す>が綱渡りしたり、男性隊員が女子の自転車を担いだり…。宿温泉周辺の一部を除いて、上筒香分岐までこんな状態が続いた。
 
ようやく走れるところまで来たが、本格的な登坂はこれから。今までアウターで上がってきたが、いきなりインナー・ロー(36×24)にギヤを落とす。
思えば女子達も強くなったネ。知り合った初心者の頃から比べたら素晴らしい進歩だ。お願いだから追い抜かないでネ。
 
小休止を繰り返しながら、ジクジクと登って行く。
 

 
高いところまで登ってきた。山が深い。
 

 
これで登りは終わりだよ~ん!!
 

 
押しや担ぎでかなりのロスタイム。遅い昼食となった。
奥の院門前の「楊柳」、精進定食1500円也。
 

 
お店の方のご厚意で、ミネラルウォーターを1本ずついただいた。
 
時間が押していたので、奥の院では記念撮影のみ。
団体撮影用の台を無断拝借していると、そこの写真屋のオッチャンが「撮ったるわ!」
営業妨害とも言える我々を怒りもせずに、ご親切にシャッターを押してくれた。
ありがとうございます。
 

 
時間が押していてもスィーツは外さない。
笹巻きあんぷ。餡を包んだ麩だから「あんぷ」?
 

 
焼き餅(草)。
 

 
本日のゴール、大門で美味しくいただいた。
 

 
当初は来た道を戻る予定だったが、あまりにひどい状況だったのでR480からR370を下り、無事、橋本駅着。
 
「戻る」という選択肢が全くなかったわけではありません。
しかしながら、あの時の皆さんの目は無邪気な子供のようにランランと輝いておりました。今こうして笑い話のようにブログを書いていられるのも、皆さんが冗談を飛ばしながらも、それぞれに緊張感を持って難関に挑まれた結果だと思っております。
もう一度、同じメンバーで同じルートを辿って、「あの時は大変やったなぁ~」って語り合いたいと思うようなRUNでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

これからですよねぇ~
みなさん、次回をお楽しみに。

No title

MOMOさん
コメントいただいた時は、まだ修正中だったと思います。
完成版をどうぞ

No title

丹生川沿いがえらい事になってるね
橋本から直に371号線を上がった時は
坂はきついわ、大雨が降るわで往生したけど
丹生川沿いは、当分無理だな。

No title

わぁ~~ 楽しい思いしましたね

No title

にゃんさん
このルートは距離は長いぶん、勾配は緩やかです。
丹生川沿いの復旧は、長くかかりそうですね。

こよみさん
非日常的って、なんて面白いんでしょう。
ガードレールのところは、さすがにチビりそうでしたケド。。。

No title

JACCへの入会をおすすめします
ジャパン・アドベンチャー・サイクリスト・クラブです。
代表は池本さん、関西サイクルスポーツセンターに居てはります

No title

スミだんなの写真は迫力ある、いい写真やわ~
数枚いただきました。ありがとうございます。
自転車も命がけで運んでもらって感謝です。
やっぱり男性陣、頼りになります

No title

ひげさん
池本さん、知ってますよ~。電話でですが話したこともあります。
<す>の場合、JACC=Japan Abnormal Cyclsit Clubデス。

MOMOさん
皆さんにとって、いい経験やったと思います。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索